断捨離のコツ

これまでに最もたくさん手放したモノ。

こんにちは、くらためです。

ミニマリストの皆様はこれまで、多くのモノを捨ててきていらっしゃることでしょう。

 

要る・要らない。

使う・使わない。

好き・そうでもない。

 

様々な指標がありますが、これまで手放してきたモノを数が多い順に挙げると・・・

スポンサーリンク

紙類はひたすら断捨離

デジタル全盛の現代でも油断すると増えていく・・・

そう、量的に一番たくさん捨てたモノは紙類です!!

 

取っておいた学生時代のプリントやノートは3年前ほど前にひたすら断捨離して一旦はスッキリ。その後もDMやパンフレットが増えては減り、まさに終わりなき戦い(汗)。

 

紙類は捨てやすい部類だけど根元をどう断つかが肝心です。

自分の分はメールもDMも不要になるよう各種設定済み。あなたもそろそろやってくれませんかね(私信)。

スポンサーリンク

7割の写真を断捨離

断捨離で最も苦労しながらも数多く手放した写真類。

小〜中学校時代はプリクラ・チェキ全盛だったので、そちらもすごい量でした。

子供の頃の写真は親の所有物だと思っているので一旦は母に託すも、結局は自分で選んでよと返されて(笑)。3割ほどは残したとはいえかなりの枚数がありました。

 

記憶を起こし、気持ちを揺さぶれれがちな写真はそもそも処分に時間がかかります。しかも処分の際は顔がわからないよう要シュレッド。

となると今後はプリントにもより慎重になるな・・・

 

今はクラウドで保存きるし、写真の管理自体はずいぶん楽になりましたね!

服を最初にガッツリ断捨離!

ミニマリストを目指して最初に着手したものの一つは服!「最初に服から片付けよう」とこんまりセンセが仰ったし。

 

何着手放しただろ・・・(`・ω・´)

 

まずは靴やバッグも含めて100着以上をガッツリ減らしました。

その後仕事やプライベートで転機があり着るモノも多少変わりましたが、流行好きなミーハーさはそのままにプチプラメインで買い物を楽しんでいます。

制服化(少ない服をパターン化して着用)でムダな服は減り、その分、着倒して処分する服を毎シーズンチェックするようになりました。

 

手放したいあたなに

手放すほど、豊かになる
1日1つ、手放すだけ。好きなモノとスッキリ暮らす
40歳までに手放す3つのこと

 

書類、写真、服。

試行錯誤しながら数多く手放したものほど、リバウンドなく自分で数量コントロールできるようになりました!

今もこれからも、むやみに家に持ち込まないよう注意しています。

 

もう懲りたってやつねっ( ´∀`)

 

最後まで読みいただきありがとうございます。

スポンサーリンク

あなたにオススメの記事