気になるトレンド

SNSで話題の『アイラップ』で便利においしく!下味冷凍、炊飯器調理、サラダチキン、オムツ処理まで

こんにちは、くらためです。

とても素敵なものをいただきました。売上の7割が北陸地方でありながらSNSで話題になっているビニール袋です。

 

最近、下味冷凍しているんです (`・ω・´)

 

って言ったら先輩がくれたのですが、これがなかなかの優れものだったよ!

スポンサーリンク

岩谷マテリアルのアイラップとは

アイラップは清潔に食品の包装ができるキッチンラップです。

マチ付きで薄手のポリ袋で、三角のパッケージに入っています。大きなものも入れやすいサイズです。

この商品の特徴はスバリ、熱に強いこと。

 

熱湯での湯煎OK!

蒸してもOK!!

電子レンジでの温めももちろん、OK!!!

 

触れた感じはスーパーのポリ袋と同じなのにその耐熱温度は100度以上。ラップのように使えるのです。

いつもはフツーの薄いビニール袋を使っていたのですが、溶けてしまいそうでレンジや熱湯での調理は避けていました(耐熱60度とかだしね)。

アイラップの使い方、炊飯器調理にサラダチキンまで

こちらのアイラップ人気は、サラダチキンが影響しているようです。

コンビニで手軽に手に入るサラダチキンは、炭水化物を控えたいダイエット中の人々の間で話題に。でも毎回買うと割高なので鶏胸肉での手作りをしたいという方が増えました。

 

サラダチキンは、サランラップで包んだ鶏肉を沸騰した湯に入れ、火を止めて冷めるまで待つという加熱調理法で作ります。

でもサランラップだとめくれて、中に水が入ってしまうことも・・・

ここでアイラップの出番!袋状なので口を縛ることができ、柔らかくしっとりした仕上がりのサラダチキンが完成するのです。

yahoo.com

食材を入れて口を縛り、ご飯を炊く時に一緒に炊飯器に入れて加熱調理することも可能です。

レシピサイトでアイラップで検索するといろんなレシピが出てくるよ!

また、袋状なのでとろみのある料理を入れてることも可能です。カレーやシチューも漏れることなく使えています。

平らにして重ねて冷凍保存でき、タッパー容器に入れた時と比べて省スペース。そのまま電子レンジで解凍してお皿に移せば洗い物も少ない!

 

くらための場合、普通のビニールで下味冷凍の万能レシピを試しているのですが、朝のうちに夕食の肉や魚を冷蔵庫に移していました。

でも時々忘れてしまい流水で解凍することも(これを先輩に愚痴った)。

アイラップなら電子レンジ可なので帰宅後にささっと解凍して調理することができるのです!

先輩、ありがとうございます♡( ´∀`)

スポンサーリンク

おむつやペットシーツなどを捨てる時にも

アイラップは匂いが漏れにくいという声も。

特に防臭加工はされていませんが、使用済みのおむつやペットシーツなどを捨てる時に入れるだけという手軽さが話題になっているようです。

 

人気の防臭ビニール袋と比べると価格は1/3程度なので、試す価値アリですね。

アイラップは高い?どこで買える?

良いことばかりを書いてきましたが正直にデメリットも書いておこうかな。

 

まず普通のビニール袋と比べるとわずかに高いです。

普段使いの袋は100枚入り。こちらは同等価格で60枚入り。この差をどう取るか・・・

 

そして箱の形が独特のフォルムで置く場所に困ります。

普通の四角でラップやアルミホイルと一緒に重ねて置けたら良いのになあ。でもスルッと1枚だけ取りやすいのはこの形状のおかげ?

 

最後に、売っているお店が少ない!くださった方も近くのホームセンターには売っていないからと隣県に行った際に買うという貴重品です。

ネットでも取扱があるので送料がかからないようにまとめ買いするのはアリですね。

調理が楽になり、洗い物が減る。

それだけでも時短になって使ってみる価値アリです。

最後までお読みいただきありがとうございました。

スポンサーリンク

あなたにオススメの記事