不妊治療

BT18 再判定日、胎嚢確認はできるのか

こんにちは、くらためです。

 

前回の判定日では微妙な結果でした。

6回目の、妊娠判定日。こんにちは、くらためです。 妊娠判定日でした。 本来なら明後日の予定でしたが、事情があって早くなることに。 ...

 

Hcgは100以上欲しいところ、50代前半。

でも先生は何も言わなかった。後から資料を見たら、妊娠率は45%。

 

そしてようやく週末。

再判定日であり、胎嚢が見られるかもしれないと言われていた日。

スポンサーリンク

BT18、胎嚢確認

着いたらまず採血。

この時点でHcgの値が1500を超えていないと、化学流産ということで内診はされません。エコーのある内診室ではなく、先生の机がある診察室に呼ばれます。

 

しばらく待って呼ばれたのは・・・

 

 

 

内診の部屋!(`・ω・´)

 

 

 

これはひとまず、陽性で妊娠の継続を意味します。

そこでエコーは始まり・・・

 

 

 

 

「胎嚢ありましたね。」と先生。

でも、すぐわかりました。

 

 

 

小さい。

 

 

 

先生が測ると5.3.mm。

そしてこの時期の平均は8〜10mmでしょうか。

ひとまず着替えてさらに40分待ち診察へ。

 

 

「Hcgは1900まで上がっていました。滞納も見えましたね。」

1900・・・この時期(5週)って4000〜10000が当たり前だったような(検索魔)。

不安になって聞くと。

 

 

「この時期は胎嚢が見えていればOKです。大きさは個人差がありますし、7週までに心拍が確認できればそれでいいですよ。」

先生にそう言われると、何も言いようがない。

でもその後に調べてみれば、この数値だと流産になっているケースがほとんどで・・・

 

 

 

ああもう、また1週間この闇の中で過ごすのか。

前向きになること探さなきゃ・・・

 

 

最後までお読みいただきありがとうございます。

●ランキング参加中!応援いただけると励みになります

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ

●ミニマルライフのヒント満載(日本ブログ村)

断捨離シンプル&ミニマムな暮らし

ライフスタイル、ライフ、暮らし、生活

断捨離でゆとり生活

節約ライフ

*イイもの見っけ♪プチプラでオシャレ*

スポンサーリンク

あなたにオススメの記事