【ダイエットに節約に】家だけ。シンプルな甘いものルールが効く!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは、くらためです。

これまで消費したパンケーキの枚数を指折り数えてみたら、ゾッとしました。
でも、そんなことはすぐ忘れてしまうのが人間のいいところ。

そんな連休最終日の今朝、またも食べました。

自宅で、です。
6月から密かに決めているのが「甘いものは家で食べる」。決して甘いモノをゼロにはしません。

このシンプルなルールがもたらした影響とは?

スポンサーリンク




「とりあえずケーキ」をやめてみる

image

待ち合わせの時間つぶしにや仕事の後まっすぐ帰りたくない時、よくカフェに行きます。

ひとりの時はチェーン店に。
友達と会うなら少しおしゃれなところに。

そんな時、ドリンクだけで済ませてしまう方はきっとこのルールは必要ありません。差し入れのクッキーや上司の出張土産のチョコをスルーできる方も。

食べることに対しても、ミニマリストのみなさんは無駄がありません。
私はというと、こと甘いものについてはだらしないのです。

きっかけは節約

外での甘いものはをやめようと思ったきっかけは、数年ぶりに家計チェックをしたこと。

えーっと、単純にカフェで使うお金が多かったのです。


その額、ひと月に諭吉先生ひとりほど。オシャレ風のカフェってなんであんなに高いんでしょうねー(と人のせいにする)。

考えてみれば甘いものが食べたいと思って店に入っているわけではないのです。目的は別で、ケーキやらパフェはなんとなく頼んでいました。

この「とりあえず甘いもの」というクセは社会人になってから。

こんなことを続けていては粗食なんてやっていても意味がありませんよね。矛盾だらけ。
今気付けて良かったと思って、ちょっとずつ見直そう。

【食のミニマル化】粗食をはじめます。継続の3つのポイントは。
食事とは、一番効果がある自己投資だから。 基本を見直す 弁当のパターン化をはじめて2ヶ月が経ちました。 食に関してはミニマ...

年齢的にも今後代謝は下がるし、糖分の摂りすぎはいいことなし。

なにより本当に望んでもいないものにお金を使うということに、今更ながらダメだなと。

とはいえ、一切の甘いもの絶つのではすぐに根を上げてしまうので、家ではOKというゆるいしばりでスタートしました。

当初、外でならOKにしようと思いましたが、外で食べるとどうしても高くつきます。

本当に好きなものは、リラックスできる場所で楽しむのが一番かなと思ったのです。

作って気づく、その罪に。

image

家だと甘いものを食べ過ぎるという方もいるかと思いますが、ひとり暮らしの場合、自分で買わなければストックはありません。

節約を同時にはじめたこともあり、なにがなんでも甘いものを買う!というなし崩し状態にならなかったのはラッキーでしたね。

会社でいただくチョコやクッキーは「ダイエット中なんで〜」とか適当なことを言って避け、実家でやたら帰りに持たされるお菓子も、最近はやんわり断るように(母も上司もなぜかちょっとしょんぼりする)。

外でコーヒーにケーキを付けていた頃は1000円以上が当たり前。

それが今や400円ほどで済みます。友人には体調が悪いのかと心配されるけど。

地道な取り組みだけど、来週の家計簿の締めが楽しみです!

スポンサーリンク




欲望は突然に。

こうして1ヶ月ほどで、外でなんとなく甘いものを食べるクセが抜けてきました。

とかいって油断したある日、無性に甘いものを欲したのです。

なんなんでしょうね〜あの急にムクムク湧いてくる欲望は。

コンビニまでひとっ走りという手もありましたが、連休で時間もたっぷりあったのでお菓子でも焼いてみようと思い立ちました!

そしてレシピを調べていくうちに気がつくのです。
お菓子に使うバターや砂糖、クリームの量ってすごいんですね(泣)。

あの量を一度に摂取していたかと思うと、途端に後悔です。でも今知っておいて良かったです。

怖気づきつつも、甘いものへの欲望は大して衰えず。

少しでも体に良さそうなものを選んだのがパンケーキ。全粒粉、卵、砂糖、ココナッツオイルなどを使ったヘルシー版です。

image

小さく焼いて3段に重ねたら贅沢な気分になりました。

家でゆっくり甘いものを食べる時間は至福ですね。

こうしてメリハリをつけることで、外でなんとなーく甘いものを口にするということがなくなりました。

ちなみに、4月から比べて体重は3kg減。

食事を野菜中心の粗食に変えたこともあり相乗効果もあったと思います。ダイエットは目的にしていなかったのですが、このおまけは嬉しいですね。

お盆やBBQ、ビアガーデンなどなにかと人が集まる機会が多い夏。あと友達の結婚式も!

そんな時に目の前にある甘いものに対して一呼吸置くことができるか。
シンプルに、でも冷静に考えられる今なら大丈夫そう。

その分も、家では体に負担の少ない範囲でスイーツを楽しもうと思います。

こうして少しずつ食事もミニマル化していきたいものです。

最後までお読みいただきありがとうございます。

読んだよーの合図にでもクリックしてくださると嬉しいです。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへブログランキング・にほんブログ村へ

シンプルライフ&ミニマリストの参考になるブログがたくさん!!
断捨離シンプル&ミニマムな暮らし
ライフスタイル、ライフ、暮らし、生活
断捨離でゆとり生活
素敵な大人のシンプルライフ
節約ライフ
*イイもの見っけ♪プチプラでオシャレ*
おすすめ記事はこちら
スポンサーリンク







関連コンテンツ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加