【食のミニマル化】粗食をはじめます。継続の3つのポイントは。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

食事とは、一番効果がある自己投資だから。

健康のきほんを見直す

弁当のパターン化をはじめて2ヶ月が経ちました。

【ミニマリストと昼ごはん】1カ月間、毎日同じ弁当を食べてみました。
昼休み。それは至福の時。 弁当をパターン化 休憩。それは至福のとき。 NHKの「サラメシ」という番組が好きです。 過去数...

月に数回、仕事で取引先に行ったついでに外食行く日を除き続けています。

食に関してはミニマリストを目指したい。そんな次のステップとして見直すのが家での食事です。「仕事の後で疲れているから」と適当に済ませていた食事について、改めていきます。
今回はじめるのは、穀物と野菜を中心に、旬のもので作る粗食です。

粗食とは

image

初日の朝ごはん。

辞書にはばっちり「粗末な食事、またそれを食べること」と載っていますが、ここでいう粗食はそうした質素な食事のことではありません。

ごはんなどの穀物、汁物、野菜のおかずを基本としたシンプルな食事です。
同時に、肉や乳製品、加工食品は控えます。

粗食にすると体内の消化器官が栄養を吸収しようとして一生懸命働き出します。栄養不足だと体が弱るように思うかもしれませんが、それはちがいます。栄養を摂りすぎると逆に体は、弱くなるものなのです。(出典:粗食.com)

肉や乳製品を摂ってはいけないということではありません。消化の良い食材を選び、またからだが必要としているものを食べる結果として少なくなっていくイメージです。

でもね、迷うんですよ。

医学的に、宗教学的に、またライフスタイルのひとつとしても語られることが多い粗食。定義は様々で、良い悪いも含め、方法やルールがいろいろとありますね。こんな風に言われると、やっぱりお肉食べなきゃなーと思ったりするくらいの優柔不断さですから。

肉や脂肪分を極端に避けることが健康につながるというのは、大間違いなのです。一般的に、肉や脂肪を食べることで心配されるのはコレステロールの増加です。しかし実は、血中のコレステロール値が高いほうが、肺炎やがんになりにくく、むしろコレステロール値が低い人のほうが、死亡率が高いことが統計から分かってきたのです(出典:現代ビジネス)

まともに全部調べて比べていたらはじめられない!
今の自分ができる範囲で始めいけばいい。というわけで今回はこのように進めます。

粗食の目的

食べるものについて「ちょうどいい量と栄養を摂取しつつ、ローコストであること」を意識していきたい。と先日書きました。そこで目的をまとめてみましたよ。

①適量を食べることで健康に。3kgほど痩せて肌がきれいにでもなればうれしい。
②食についての無駄をなくし節約に。貯金が増えればうれしい。

さらに週末に常備菜でもこしらえて時短を目指す方も多いようです。
粗食初心者であり、ずぼら代表でもある管理人はそこまで決めると挫折するのが目に見えています。

目的はあくまで健康と節約に絞り込み、ゆるゆるとマイペースで進めていきます。

ゆるゆる粗食のポイント

1.平日のみ

週末はだれかと一緒に食事をすることが多いので、出されたものやメニューにあるものをおいしくいただきます。

ストイックに粗食のみにしてもいいのですが、実家なども含めて今の人間関係を考えると緩やかにシフトしていくほうがスムーズかと。

2.粗食は買い物から

続けるポイントとして、それに適した食材が家にあることはとても大切です。買い物の時から粗食を意識していきます。1週間で食べきることで自然とバランスの良い食事ができます。無駄がない点では節約にも効果的。生鮮食品の質が良く価格も手頃というスーパーを探すことも大切ですね。

1週間の買い物例
野菜・海藻類 1500g
果物  1000g
卵   5個
魚(ときどき肉)500g
豆類  500g
イモ類 400g

お米は白米・玄米問わずに1日1合。トーストは週末の楽しみにして、平日の朝はご飯・汁物・納豆をいただきます。

欠かせないのがあおさ。和食屋さんでいただいて以来ハマっています。
いつもの味噌汁の風味がグンとアップするんです。
スーパーで買うと高いのでずっとこちらをリピートしています。

野菜と果物は安い旬物を選びます。黄色野菜を意識的に選び、キノコ類も毎週1パックは買います。切り干し大根や干ししいたけ、ひじき、高野豆腐などの乾物は、お値打ちな上に栄養価も高いので積極的に取り入れます。

基本的に水はたっぷりと。コーヒーや紅茶は大好きなので今まで通り摂取します。

3.食後のお楽しみ

strawberries-869198_1920

お腹いっぱいまで食べてしまうと、食べ物を消化するために内臓に過度の負担をかけてしまいます。腹八分目を意識して続けることで満腹感を得やすくなります。

そんなことわかってる!と叫びたい方の気持ち、よくわかります。まだ食べられる、食べたいというタイミングで止めるのは慣れないうちはとっても辛いです。

そこでおすすめなのが管理人お得意のご褒美作戦。好きなお茶やコーヒー、果物、ナッツなどを〆として用意。胃に負担をかけすぎないものであることが大切です。これで食事が終わるという儀式を作ることで気持ちの上でも満足できます。

ちなみに、内臓の消化活動には血液が使われます。腹八分目であれば、内臓だけではなく筋肉にも血液が行き渡り、これが強い筋肉を作ることにつながるそう。それによって基礎代謝が上がり、脂肪を燃やしやすい(=太りにくい)体になります。

まとめ

ごはんなどの穀物、汁物、旬の野菜のおかずを基本とした粗食。
必要な量を意識して食べることで、健康に、また節約にもつながります。

まずは平日のみ、買い物をするところから意識してみます。レシピは検索すればいくらでもでてきますから、事前に買うものを決めることもはじめましょう。腹八分目でストップできるように食後のお楽しみも用意すれば、無理なく楽しく続けられます。

食べることはミニマル化、効果は最大化を目指します。

読んだよーの合図にでもクリックしてくださると嬉しいです。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへブログランキング・にほんブログ村へ

こんなトラコミュに参加中!参考になるブログがたくさんあります。
断捨離シンプル&ミニマムな暮らし
ライフスタイル、ライフ、暮らし、生活
シンプルライフ
断捨離でゆとり生活
素敵な大人のシンプルライフ
節約ライフ
*イイもの見っけ♪プチプラでオシャレ*
スポンサーリンク







  • このエントリーをはてなブックマークに追加