気になるトレンド

【2018年エアコンの正解】つけっぱなしが得?室外機にバケツとタオル?のウソ&ホント。

こんにちは、くらためです。

 

夏に欠かせないエアコン。アイラブエアコン。

 

その気になる活用方法について、今日のサラプラではダイキンの広報担当である重政さんが教えてくれたよ!ダンディーだったよ!

いろいろな情報が出回っているからこそ、メーカー広報さんの顔出しコメントは説得力がありますね。

スポンサーリンク

室外機に濡れタオルを置くと冷房効率が上がる?

yahoo.com

 

これ、最近ネットでも話題ですよね。

バケツに水を入れて室外機の上に置き、タオルを半分つけてもう半分を室外機の上に垂らす・・・

これで冷房効率が上がるってホントなの?

 

・・・不正解だよっ (´∀`)

 

冷房効率が良くなるというデータはありません、と重政広報。

それどころか、風が吹いてファンの前にタオルがかかったりすると逆に冷房効率が悪くなり、部屋が冷えにくくなったりするそう。

 

室外機自体を冷やすという考え方自体は正解なのです。

なのでよしずやたてすだれを立てかけて影を作って、直射日光を避けてあげることで冷房効率はアップ

ただし40cmほど開けて、風通しを良くしましょう。

 

とりあえずタオル作戦はなかったことで・・・

スポンサーリンク

エアコンは付けっ放しの方がお得?

エアコンを付けっ放しがお得だと言いますね。むしろこれミニマリストの間でももはや常識というか。

 

でも

・・・不正解だよっ (´∀`)

 

まじか〜。今年はつけぱなしですよ重政さん。

ちなみに電気代の損得だけでいうと「35分が分岐点」だそうです。

 

この「つけっぱなしの方がお得」という説があまりに幅を利かせているため、ダイキンさんはちゃんと実験されたんだって!

エアコン始動時の消費電力を考慮しても、35分以上の外出なら一度エアコンを切った方が良いそうです。

逆に言えば35分までの外出であれば付けっ放しがいいということになります(夜間なら温度が低いので18分)。

もちろん家にいるときは我慢せずにつけましょうという前提の話です。

 

今のエアコンは省エネ性能が上がってきており、つけ始めの時もそれほど電気代がかからないので、「電気代だけの話で言えばいない時には切った方がお得です」というのが今回の結論でした。

 

 

 

う〜ん、知らなかった!

今のエアコンは新しいので該当すると思います。今回の情報はとても参考になりました。

 

というわけでベランダ用によしずを買おう。そしてヨガに行くときはエアコンを切ろう。

そう思った週末の朝なのでした。

最後までお読みいただきありがとうございます。

スポンサーリンク

あなたにオススメの記事