【ミニマリストと昼ごはん】さらに3ヶ月間、同じ弁当を食べてみた。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

弁当に気合を入れている同僚と一緒に食べる、質素弁。
ちょっと恥ずかしいかなと躊躇しながらも、4ヶ月目に突入です。

ランチがシンプルで効率的なら、その人の暮らしもシンプルで効率良いものになり得るのかも?

そんな問いから始めた弁当のパターン化。

体をすっきりさせたかったこともあり、夜の粗食とあわせて野菜のサラダ&おにぎり弁当をはじめたのでした。

飽きることを超える

1ヶ月目の感想と感じた効果はこちらをご覧ください。

【ミニマリストと昼ごはん】1カ月間、毎日同じ弁当を食べてみました。
昼休み。それは至福の時。 弁当をパターン化 休憩。それは至福のとき。 NHKの「サラメシ」という番組が好きです。 過去数...

ランチを覗けばその人がわかる (NHK『サラメシ』

というわけで、私のランチはとりあえず野菜。
ランチだけで判断すると、ただただ野菜な人。

そんなサラダ弁当のメリットはというと

〇メニューを考える・買い物する・作るという点での時短
〇外食や中食と比べて低コスト
〇気持ちの上で安定

始めて1ヶ月でこんな効果がみられました。

なにより良かったのは続けられているということ

月に2度ほど仕事で外出からそのままランチに行く日を除き毎日です。

なんの自慢になりませんがなんでも3日坊主で通っていますから、まさか4ヶ月も続くとは思いませんでした。

image

こちららは今日のサラダ弁当。赤・黄・緑の3色トマトが主役です。

毎日だいたい5〜8種類の野菜を詰めています

味付けは塩とオリブ油とレモンだったり、給湯室に置いているドレッシングをかけたりとその日の気分で楽しんでいます。

始めたころは春キャベツや水菜が多かったのですが、旬のものを買うように意識しているのですっかり夏野菜に変わっています。

おにぎり1個でちょうどいいと思う量のサラダを持っていくのですが、最近は枝豆とにんじんスティックが特にお気に入り。

どちらも満腹感が得られやすいのも嬉しいです。

最初は当然のことながら味に飽きるかなと思っていました。どんなに好きなものでも食べ続けたらもういい!となりますし。

確かに開始から2ヶ月ほどで、無性に社食のA定食(ワンコインで揚げ物やら生姜焼きが食べられる不動の一番人気)に無性に惹かれました。

食べても良いのです。病気でも強い主義主張があるわけでもないのに『絶対○○しない』なんてナンセンスですし。

ただ2ヶ月続けたのになんだかもったいない、もう1日だけ…などと思っているうちにズルズルと5ヶ月目に突入。

肌の調子が以前より安定しているのは、この弁当を継続しているのおかげかも?と思ったりしたらなかなか踏ん切りもつかず。

こういうところも貧乏性なんですよね(汗)

こうして飽きるという時期を超え、このランチがすっかり定着しました。

なにごとも続けることで習慣になることを実感しています。

サラダといえば野菜の種類もいろいろ楽しめますし、味付けも変えられる。

そんなゆるい縛りだったことも功をそうしたようですね。

もちろん週末や平日の外食では肉や魚、麺類など好きなものをいただいていますし、家では甘いものも食べているし。

ときどき一緒にランチ時間を共にする同僚は、だいたい社食だったりおいしそうなおかずがいっぱいのお弁当だったりします。

最初の頃は興味津々で「お腹すくでしょ」「続かないよー」と言っていた人も、今では週一でサラダ弁当を持参するなどじわじわと浸透。

料理が上手い人はサラダも(見栄えも含め)凝っていたりして新たな発見があります。

こうして夏のサラダ弁当を楽しんでいるのでした。

最後までお読みいただきありがとうございます。

読んだよーの合図にでもクリックしてくださると嬉しいです。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへブログランキング・にほんブログ村へ

こんなトラコミュに参加中!参考になるブログがたくさんあります。
断捨離シンプル&ミニマムな暮らし
ライフスタイル、ライフ、暮らし、生活
シンプルライフ
断捨離でゆとり生活
素敵な大人のシンプルライフ
節約ライフ
*イイもの見っけ♪プチプラでオシャレ*
スポンサーリンク







  • このエントリーをはてなブックマークに追加