翌日を元気に過ごすシンプル快眠術!1分で眠くなる方法とは【サッカーW杯】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは、くらためです。

きっと今日は昼過ぎまでひとりゆっくりできます。

日々フットサルに興じる彼は一昨日から始まったサッカーワールドカップロシア大会に夢中で、連日夜更かし。当分起きてこないこと間違いありません。

深夜の試合観戦。これ、週末だから良いけどさ・・・

月曜から辛いんじゃね?(((;゚Д゚)))

そう心配していたら、今日のサタプラで「深夜までサッカー観戦しても翌日を元気に過ごすための快眠術」が特集されていたよ!

普通に早寝早起きをしたいミニマリストの皆さんにも有効ですね。

スポンサーリンク




30分前入浴でリラックス

会社のサッカー好きの人たちも「やばいよ〜」って言ってたからなあ。快眠術はすぐにでも役に立ちそうなので皆さんにもシェアしたい。

「早く寝よう」なんて言葉はいい大人にもちろん通じませんよね(笑)。睡眠時間が短くなることは仕方ないと割り切りましょう!

こんな時に大事なのは睡眠を深くとる質を上げることなのです。驚くほど眠りの質がよくなる 睡眠メソッド100にもありますが、量より質なんですね。

そんな快眠術の1つ目は、お風呂。

キックオフ30分前にはお風呂に入るのです。

時間は15分程度、35度から40度のお湯に浸かります。こうして血流を良くして深部体温を上げておくことで、試合が終わった頃に質の良い睡眠が得られるということです。

試合が始まるからと焦って熱いお風呂に入るのはNG。40度を超えると交感神経を刺激してしまうので眠りにくくなります。

また、試合後、寝る直前の入浴もかえって目が冷めてしまうので要注意です。

ちなみにこれ、サッカーとか深夜の試合を関係なく取り入れるとしたら、帰ったらまずお風呂に入るのがいいのかな。でも夜ご飯が遅くなるし・・・悩ましい!

とりあえず残業なしで帰って、早めにご飯&お風呂というのが理想的ですね(´∀`)

スポンサーリンク




ハーバード呼吸法を味方に!

さらに、試合終了後には「1分で眠くなるハーバード式呼吸法」を取り入れましょう。

応援したチームが勝っても負けても興奮している状態です。それでも翌日んことを考えると寝ないと・・・

そこで、心身がリラックスできるように取り入れたいのがハーバード出身の先生が考えた呼吸法。やり方は簡単です。

ゆっくり4秒かけて息を吸い

7秒息を止めた後

8秒かけてゆっくりと息を吐き出します。

「4・7・8呼吸法」とも呼ばれ、これを4回繰り返してやることで脳がリラックスして、眠りやすくなると言われています。こちらのハーバード&ソルボンヌ大学 根来教授の超呼吸法も話題になっていますよね。

サタプラで紹介された時は胡散クセーと思ったけど(マジ失礼)、ヨガでも呼吸は大事だと先生は繰り返しおっしゃっているし、結構奥が深そうです。

早起きしたいのについ一緒に夜更かし気味になりがちなので(しかもスポーツ観戦だとついお菓子とか食べてしまう最悪のスパイラル)、是非この快眠術を取り入れてみたいと思います。

みなさん、どうか翌日に疲れを残さないでくださいね!

さて、午前中に家事を片付けて午後はお出かけするぞ〜(´∀`)

最後までお読みいただきありがとうございます。

●ミニマルライフのヒントはこちら(日本ブログ村)
断捨離シンプル&ミニマムな暮らし
ライフスタイル、ライフ、暮らし、生活
断捨離でゆとり生活
節約ライフ
*イイもの見っけ♪プチプラでオシャレ*


●ランキング参加中!ポチッと応援いただけると励みになります
にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
おすすめ記事はこちら
スポンサーリンク







関連コンテンツ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加