【また?ついに?大物断捨離】思い出がたっぷり詰まったモノを手放す、ということ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは、くらためです。

この頃から少しずつ断捨離に興味を持ち始めた母。

ついにあの大物を手放し現金化しました
勿体ぶっても仕方ないので先に言います。 車を売りました! 今乗っているものではなくて、実家にあった使用頻度の低いものです。 断...

うらららかな陽気ある日、ついに思い至ったようなのです。

誰も使っていないピアノ。
リビングの端に鎮座するピアノ。

…もしかしてこれ、要らなくね?

スポンサーリンク




ピアノは捨てにくい

piano-2323844__340

ピアノというのは捨てられないモノ代表だと思います。

買う時は高額。
そして子供の成長の記憶や、家族の思い出が詰まっている。

壊れにくいですし。

ピアノと思い出

幼い頃から姉と一緒にピアノを習っていました。

物心ついた時にはもう家にあったし、1日に1回はどちらかが弾いていたピアノ。夕飯の支度をしながら聴いている母が褒めてくれるのが嬉しくて、よく練習したものです。

でもいつだって「姉のもの」という感覚でした。

先に習い始めていたこともあってか私よりずっとうまく、発表会では見事にその腕を披露して親を喜ばせ、レッスンも長く続けていたからです。

幼すぎて買った時の記憶すらないので「私が買ってもらったんだよ。めいはまだいなかったんだよ」と言われば、信じるよね。

今でこそ仲がいいけれどさー。
子供の頃ってそう言う残酷なことしません?末っ子、乙!

そんなわけで、私はちょっと借りているだけと子供心に思っていました。中学でレッスンを辞めたしね。

だから思い入れはあまり、ない。

手放すきっかけ

piano-650490__340

そんな姉は大学の授業や資格取得の練習で弾いていたようですが、それももう何年も前の話。

弾き手不在となった今は、黒光りする大きなモノとしてリビングの一角をどーんと占領していました。

たまに帰った時に、ポロンポロンと弾いたりするんですけどね。

とはいえ親にとっては思い出が詰まったモノ。
正直、これは手放せないのだろうなと思い込んでいました。

だから「ピアノ、売ろうと思ってるんだけどどう思う?」と電話があった時は驚いた。

あんなに捨てられない人だったのに、これイケちゃうの?

それに、わざわざ電話してきたことも意外でした。だから「私のものじゃないし、かまわないよ」と。

すると母は驚いたように「なにを言ってるの、ふたりで使えるようにふたりのために買ったんだよ。確認して当然でしょう」とか言うんですよ。

あ、やっぱりそうなのか。
姉の刷り込み効果、すごかったな(爆)。

どうやらきっかけは車を手放したときのスッキリ感のようです。
なくても意外と大丈夫だったという経験は、次の一歩を進ませてくれますね。

でもあれから半年ほど迷っていたということだから、やっぱり思い出がらみのモノの手放しにくさを実感します。

姉も最近は部屋をスッキリさせることに凝っており、電子ピアノもあるからね~と賛成しているよう。

え、父?言われるがままですよ。女系家族だからね…

母に至っては、リビングが広くなったら和室のマッサージチェアを置いて毎日使いたいとワクワクした様子です。

スポンサーリンク




納得して手放したい

思い出が詰まっていても、使い手のいないモノはただのモノ。

だったら使ってくれる人の元へ。

そういう会話を家族とすることになるとはね。人って変わらないけど、変わるよね。

母は近所の人に聞いた買取業者に来てもらうわと言いましたが、ここで待ったをかけたのが昨日のこと。

このピアノ、1円でも高く、丁寧に、気持ちよく売ろうじゃないか!

そんなわけで比較見積もり中です。乞うご期待。

最後までお読みいただきありがとうございます。

読んだよーの合図にでもクリックしてくださると嬉しいです。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへブログランキング・にほんブログ村へ

シンプルライフ&ミニマリストの参考になるブログがたくさん!!
断捨離シンプル&ミニマムな暮らし
ライフスタイル、ライフ、暮らし、生活
断捨離でゆとり生活
素敵な大人のシンプルライフ
節約ライフ
*イイもの見っけ♪プチプラでオシャレ*
おすすめ記事はこちら



スポンサーリンク







関連コンテンツ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加