VERYモデル・クリスウェブ佳子さんの英語、インテリア、キャリアが凄い

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは、くらためです。

今回も社食トークから。

表紙モデルよりもなんだか心惹かれてしまった人、それがVERY専属のクリスウェブ佳子さんです。

なぜこんなに目に止まるのか、その理由はプロフィールにありました。

他のモデルさんとは異なるアプローチがされているのです。

スポンサーリンク




英語のできる国際派は、今も武器になる

image

yahoo.com

音楽ライターや翻訳をしていたらしい。
バイヤーもしていたらしい。
大学を辞めてニューヨークに滞在したらしい。

どの媒体で?どんな類の?どの店で?・・・あいにく具体的な答えはみつかりません。

もちろんどれも事実にまちがいないのでしょう。とにかくなんだか格好いい単語が並んでいるのです。

Fashionsnap.comのインタビューによると、公立の小学校を経て、中学からはエスカレーター式の学校に入学。それでも高校も大学もあえて受験を選んで真面目に上を目指していたそう。

大学1年生の夏休みにブロンクス出身のマイナーバンドのレコードを聴いて強く打ちのめされ「これを生で聴きに行かなきゃ」と急遽ニューヨークへ。

英語ができない状態から4年間の間に音楽プロデュースの仕事をし、ファッションに出会うという「なんかすごいっすねー」な感じの、好きな人には好きそうなプロフィール。

いつの時代もこういう国際感覚溢れているんです系に憧れる層は一定数いるものです。たしかに聞いているだけでワクワクします。

英語が話せることがもはや珍しくないといわれる昨今でも、こうしたかつての恋じゃないイエス早見優さん的、フルーチェ西田ひかるさん的アプローチは有効なんですね。

珍しくもなんともないと思っていたらあえてこのプロフィールにはしないないわけで。英語や留学はまだまだ人に言いたくなるような武器なんだなーと実感しました。勉強しないとなあ。

同時にそのキャリアをアピールすることが大切なんですね。ニッチなニーズをきっちり押さえる眼、そういう生き様の披露こそがこの方の魅力。特に異端・先端を良しとするファッション業界の方には大ウケではないかと。

そうした方を採用するところが、さすが売上ナンバーワン雑誌・VERYです。

スポンサーリンク




インテリアだってもちろん!

image

image

image

instagram.com

クリスウェブさんはご自宅の様子もインスタグラムに投稿されています。これがまたなんともおしゃれで、プロのコーディネーターやスタイリストも顔負け!

ヴィンテージからIKEAやフランフランなどの身近なものまで、抜群のセンスで選ばれた家具や雑貨は、国も時代も超えた雰囲気を醸し出しています。

その箱である年季の入った広々マンション(ヴィンテージマンションというらしい)といい、すべてのにこだわりが感じられますね。

手入れの行き届いた植物(この手の方はグリーンと呼ぶ)も珍しいものが部屋のあちこちに置かれ、とても気持ちよさそうな空間です。

お金で買えないもの、つまり『センス』を持っている人、それがクリスウェブ佳子さんなのです。

スポンサーリンク




シンデレラよりジャンヌダルクが好き

image

fashionsnap.com

ママ雑誌、とりわけVERYはコンサバティブなママが読むのだと思っていました。キレイ目でリッチな感じ。まさに滝沢真規子さんのイメージですね。

主婦から表紙モデルに抜擢された滝沢さんはまさにシンデレラ。

一方、そこにモード路線で突き進み、愛されママ軍団の間をかき分けてぐいぐい進んでいくジャンヌダルク。その迫力というか男前さが、たった1冊読んだだけで伝わってきたのです。

そんな風に肩の力入れていらっしゃらないでしょうけれど、そう見えてしまうほどVERYにはオホホホホ(奥様笑い)のイメージがあったんです。

見ていてほっこりするのは滝沢さんですが、個人的にはクリスウェブ佳子さんの方が確実にそそられます。

様々な欲の部分を、なんだかさらりと消化してとにかく格好よく見せる。ガツガツしていません風だけどやっぱりその毛があり、でも総じて自然体で。

会社の先輩の世代もそうなんですけど、その強い感じが格好いいなと思うんです。やっぱり人生は主体的にいった方がいいのかななんて思ったりします(ただし秒速で忘れる)。

私普通じゃないのよでもわかる人にだけわかればいい、という感じが妙にツボなのです。上からこられるほどに腹を見せたくなるタイプなもので・・・

昔から「他とは違うんです」という雰囲気を振り撒く子が一定数いました。万年長いものに巻かれるタイプの私としては、そのとがった感じの子が次はどんな格好いいことしたり言ったりしてくれるのかなーと期待が膨らんだものです。

シンプルライフなんぞをしていると不思議なもので、文化に音楽にファッションにとなんだか忙しそうな方に特に心惹かれるます。モノを所有することに興味がなくなった分、そちら方面に興味が向くのかな。

そんなこんなで、衣食住と多岐にわたる分野とのコラボレーションにチャレンジされる姿もたまりません。

例えばこんなMCC SOUP CAFEというスープカフェのプロデュース。食べることまで、おしゃれで美しい人。

image instagram.com

今後もその類稀なる才能でどんどん露出していただきたいです。フジテレビ『バイキング』にレギュラー出演されていたとはつゆ知らず、あっさり見逃していたことが悔やまれます。

それにしても、滝沢さん派とクリスウェブさん派のママが幼稚園で入り混じったりしたら、さぞかし面白いのだろうな。

な〜んて、節操のない妄想してしまうのでした。

最後までお読みいただきありがとうございます。

そのさらなる魅力は、初の著書にてご堪能ください。

●ミニマルライフのヒントはこちら(日本ブログ村)
断捨離シンプル&ミニマムな暮らし
ライフスタイル、ライフ、暮らし、生活
断捨離でゆとり生活
節約ライフ
*イイもの見っけ♪プチプラでオシャレ*


●ランキング参加中!ポチッと応援いただけると励みになります
にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
おすすめ記事はこちら
スポンサーリンク







関連コンテンツ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加