今更ぐらいがちょうどいい。食は流行遅れで取り入れようと思う理由。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

bottle-852133_1920

洗いにくいんじゃなかろうかとか、気になる。

今更なんですが。

スムージを飲み始めました。著名人のみなさまがテレビや雑誌、SNSで「スムージー!スムージー!」仰るのを耳にして、別世界の話だと思っていたのは数年前。やっとその良さを実感しているところです。

なぜ今になってスムージーなのか。今年の初めから簡素な暮らしを心がけるにあたり、食とも向き合いたくなりました。食のブームは毎年入れ替わり立ち替わりやってきて、食欲は旺盛な方なのでその度に心揺れます。今回はトレンド食品、とりわけ健康系の食べものについて、流行や情報に振り回されず、また最後まで使いきれないという無駄を出さない自分なりの取り入れ方を考えてみました。

結論を先に言いますと「2年以上話題になっており、今尚気になっていたらGO!」です。

トレンド系食品は贅沢品だと思う

ココナッツオイル、ココナッツウォーター、チアシード、ヘンプシード、アサイー、デトックスウォーター、グラノーラ… ここ数年の間に流行した健康によいとされるものは、以前の日常の暮らしにはなかったものです。つまり、なくても問題なく生活できていた。それを敢えて取り入れるのは贅沢だと感じます。

そして、郊外のスーパーでも普通に棚に並ぶようになりましたが、総じて高いです。もともと希少なものであれば高価なのは当然。外国産であれは輸入コストもかかりますね。耳慣れないものなので適正価格がよくわからず、体にいい!となれば1袋¥1500のチアシードが飛ぶように売れてることも。品薄になればさらに希少性が高まり、価格は下がりません。メーカーや販売会社にとってもブームになる健康系食品はおいしいアイテムでしょう。その多くが「続けることで効果がある」とされていて、あれもこれもと取り入れているとすごい金額になったりするのも共通した特徴です。

1年以上で浸透、2年以上で定番

ここ数年の食材や食べものを先に挙げました。ハマったという方も多いと思われますが、そもそもどのようにブームがうまれ、浸透し定着していくのでしょう。

遠路はるばるやってきて、田舎のカフェに並ぶまで

健康系トレンド食品の多くは海外の俳優やモデル、ミュージシャンなどのセレブリティが愛用しているということから広まることが多いようです。まずはNYやLA、パリやロンドンなどでもてはやされるようになり、常に新しいもの(お金になるもの)を探しているメーカーや商社の目に留まります。仕入れルートが定まったころには各メディアやSNSによって一斉に伝え広められ、日本でもブームに。ここまでに半年ほどを要するようです。

その多くがおしゃれな食べものというイメージも付加されて、トレンドに敏感な女性たちを中心に試されシェアされます。健康や美容の効果が実感されるかどうかは別として、数カ月から半年位で日本国内にじわじわと浸透していくのですね。こうして、わたしが住むような地方にある(一応)おしゃれカフェにも「アサイ―ボール ¥1380」なんぞが並ぶようになります。セレブが食していた赤紫色の粒々入り液体が、数ヶ月〜約1年を経て庶民の口に入ると思うと大変感慨深いものです。

定番化するのにさらにもう1年

当然のことながらブームは長続きしない場合がほとんど。古くはナタデココのようにその名を聞くだけでノスタルジックな気持ちになるものも。最近でいうと、ジャーサラダを見かけると「去年感」がするのは気のせいではないでしょう。贅沢品ともいえるトレンド食品。にもかかわらず定番として落ち着くには、いくつかの条件が揃ってこそです。

・実際の健康効果や美容効果が実感できる
・簡単に手に入り、簡単に摂取できる
・見た目の落ち着き
・ただただおいしい

様々な効果が正しく実感できるようになるには数カ月~1年はかかりそう。肌でさえ28日でようやく1周期ですからね。また、手軽に手に入る価格でネットやスーパーで気軽に購入できるないと一般的には続きにくいでしょう。「ジャーサラダにハマってるの」と宣言するのは今となってはちょっと恥ずかしかったりするので、ビジュアル的にもあまり特色がないほうがいい。そしてなによりおいしいことが重要で、無味無臭のチアシードが危機感を抱いているポイントはその辺りじゃないかと思っていたりいなかったり。

他にもいろいろとありそうですが、シビアな消費者のニーズをしっかり満たしたものは、たとえそれが流行から始まってもしっかりと生活に根付いていきます。

だから今、グリーンスムージーを飲む

image

赤色成分多すぎた日、もはやレッドスムージー。

ご存知ない方は少ないかと思いますがおさらいを兼ねて。スムージーとは主に野菜と水をブレンダーやミキサーにかけた飲み物です。日本でも2008年頃から見かけたのですが、本場アメリカの伝統的な作り方はクラッシュ氷を入れたり、凍らせた果物をするなどどろりとしたシャーベット状のもの。生の野菜や果物、そして氷ではない水分で作る「グリーンスムージー」というかたちに変わり爆発的に流行したのはは2012年頃。時代やその時々のニーズに合わせて変化していくのですね。

その一番の魅力は、新鮮な生の野菜を一度にたくさん摂取できること。理想的な1日の摂取量は350gと言われてますが、実際にサラダなどで食べようと思うと難しいもの。これがコップ1杯でずいぶんフォローできます。一時は身体を冷やす、糖分を摂りすぎるなど問題視されていましたが、そうしたアンチ意見は必ずでてくるもの。デトックスウォーターに押され気味な時期も乗り越えたようで、メディアでは愛飲家をよく見かけますし、なにより効果的な飲み方やおいしいレシピが研究&公開され続けています。

そんな今だからこそ、安心してより良い状態でスムージーを暮らしに取り入れることができるのです。実は、早起きの投稿(→コチラ)で書いた「早起きしたらやってみたいことをやっていい」のひとつがスムージーを取り入れること。新鮮な野菜やくだものを常備してジュースにして飲むのは、(わたしにとっては)贅沢なことであり密かな憧れでした。早起きの褒美としてはじめてみるとやはりおいしくて、朝の楽しみでもあります。情報が揃っているので、バリエーションや健康状態を考えて食材や味を変えてみるのもまた楽しいものです。

まとめ

トレンドになるような健康食品は贅沢品。その多くは健康によい「らしい」、おしゃれ「っぽい」、おいしい「気がする」という不確実とも呼べる状況でもなお、比較的高い値段で流通しています。

無駄のない簡素な暮らしを心がけたいと思う今、その登場から2年ほどは一歩下がって様子を見てみることにします。栄養成分が持つ効果がある実証され、またその正しい摂り方が議論され、安定流通し、価格が安定する頃です。暮らしをより良くするものとしてしっかり納得して選び、無駄なく取り入れる。食とはそういう付き合い方をしきたいものです。

読んだよーの合図にでもクリックしてくださると嬉しいです。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへブログランキング・にほんブログ村へ

こんなトラコミュに参加中!参考になるブログがたくさんあります。
断捨離シンプル&ミニマムな暮らし
ライフスタイル、ライフ、暮らし、生活
シンプルライフ
断捨離でゆとり生活
素敵な大人のシンプルライフ
節約ライフ
*イイもの見っけ♪プチプラでオシャレ*
スポンサーリンク







  • このエントリーをはてなブックマークに追加