主婦雑誌の読者モデル競争率、VERYが最強だった件。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

image

いつぞやの雑誌にこれに近いものがあった。

うっかりしていました。

こんな記事を書いておきながら、そもそも読者モデル(以下読モ)とはなにかという説明をしていませんでした。

インスタ発・カリスマ主婦読モの星玲奈さん。キレイ目は永遠だと思った件。
instagram.com 知らない世界がそこにありました。 数年に一度入れ替わりのあるカリスマ主婦読モ...

こうした活動(ってなんか変。趣味?)について調べるきっかけとなった職場での会話から、どうやら先輩たちは上記の星さんに憧れている様子でしたので、読モになる方法を調べてみました。

そもそも読モなりたいという方は少数派だと踏んでおりますが、せっかくですからまとめておきましょう。

普通のひとが雑誌に載るという活動

読者モデル(以下読モ)とは、ファッション雑誌に登場するファッションモデルのうち、女子大生やOLなどの肩書きで一般読者として誌面に登場するモデルのことをいう。(Wikipedia)

趣味以上、仕事未満といったところでしょうか。

キッズ、メンズも含めた一般読者が、一般読者として紙面に登場するわけですね。
最近では女子大生やOLに加えて、主婦、とりわけママというジャンルの読モがその勢力を拡大中です。

普通のモデルとの一番の違いは、もともと読者でありプロのモデルではないということ。
雑誌を手にとって読んでいる人と身長や体重、社会的属性もそんなに変わらなかったりします。

雇う雑誌、企業からみると「使いやすさ」という特徴もあります。出演料が安いうえに広告や契約の制約がないため、撮影で融通が利くからです。

もちろん読モのみなさんは美人でおしゃれです。
とはいえ実際は会社員や主婦であったり、身長は155cmであったりと普通の読者との共通点が多いため、親近感を抱きやすく真似をしやすい存在。

そうした一般人とプロモデルの間のような読モのみなさんは、キラキラと紙面を飾ったのちに、企業とコラボをしたかと思えば他のメディアで活躍したり、はたまた書籍出版や起業をしたりと大忙し。

こうした露出の拡大により憧れを抱く人が後を絶たず、「読者モデル」というワードで毎月4〜5万回という検索がされるにいたります(2016年現在、キーワードプランナーで抽出)。

読モになるには

編集スタッフやライラーによるスカウト、または公募が多いようですね。

ファッション雑誌に封入されている応募シートなどで応募し、オーディションによって選ばれて読モになることができる(Wikipedia)そう。

他にも

○既に読モをしている友人から誘われて一緒に紙面に登場
○私服のスナップで声をかけられてその後は常連に
○インスタグラムやブログで声をかけられて

このようにいろいろなきっかけで雑誌に掲載され、編集部の方から改めて出演依頼があることで徐々に頭角を現していくというのが王道のようです。

こんな風に書くのは簡単だけど実際にはむずかしいのでしょうね。

どんな雑誌が人気なの?

雑誌ごとにコンセプトや読者ターゲットが異なります。
その雰囲気に合致している方が読モとして活躍されているようです。

今回は女性ミドルエイジの中でも圧倒的な人気を誇るVERYにフォーカスしました。

先に断っておきますと独身で子ナシのため、ママ雑誌を読むことがあまりません。
月一の歯医者さんではCLASSY.を、また美容院ではSPURとarとOggiを渡され続けています。

きっと最初にたまたまそうだったのが、顧客カルテに書かれているのでしょう。
今更FUDGEが読みたいだなんて言えそうもありません。
ですので男性並みに視点がズレていると思われるかもしれませんが、まあ客観的に見たらこんなものなのかなと温かい目で読んでいただければ幸いです。

検索数は圧倒的!光文社《VERY》

image

出典:rakuten

基盤のある女性は、強く、優しく、美しい。
母として、妻として、女性として輝く30代ミセスに支持されるファッション&ライフスタイル雑誌。

実は読者モデルというワードを検索した時に、関連性の高い(=一緒に検索される言葉)が雑誌がこのVERYなのです。それはもうぶっちぎりです。

つまり、VERYの読モになりたい!という女性が特に多いということがわかります。

なぜVERYなのか

理由はふたつだと思います。

とにかく、なんかすごい

言わずと知れた勝ち組用教科書です。

同僚からの受け売りで、しかも「勝ち組」という言葉は面倒で不毛な議論を呼びがちなので使用を憚られますが、この雑誌を表す言葉としてはとてもわかりやすいですね。

JJやCLASSY.を経て、今や30代半ば〜40代前後という既婚女性がターゲット。
発行部数30万部以上を誇り、数多くの流行語も生みだしてきました。

この雑誌に登場することで、コンセプトでもある「母として、妻として、女性として(そしてお金にも)満たされた自分」を存分に世間にアピールできます。

そして実際に、都内の高級住宅地でバギーを押す姿から、名古屋〜関西あたりにお住まいで華やかな色の服に身を包む姿まで、多くのキラキラした女性達が載っています。

最新号にもそれはもうたくさん。

容姿が美しく、子供がいることは大前提。
基本的には主婦向けですが輝いていればいいようです。

仕事と子育てを両立するワーキングマザーもちらほら。
ミセスCEO(えーっと、起業している既婚女性のことですかね)もやたらと目立ちます。
ということは働くママにも門戸が開かれているのですね。

我こそはこの要素を備えている!という方はVERY読モにぴったり。

ですが、いざ紙面に載りたいと思っても、他の雑誌と異なり大々的に読モの募集をしていないというところがさすがVERY様。

基本的には、すでに読モの方が友人を誘ったり、ライターさんがSNSで逸材を発掘して声をかけたりすることが多いようです。

ですので、ツテがないけれどどうしてもVERYの読モになりたい!という方は、とりあえずインスタのアカウントでもとってフォロワー数を5,000ぐらいにする努力をしてみましょう。
(ひとまずこれを先輩におすすめしよう。)

なりたくてもすぐにその糸口がつかめないが故に、紙面に載っているあの人はどうやって…?と余計に気になるのでしょう。

一方、ひとたび掲載される立場となれば《恐れ多くも○○月号の撮影に参加させていただきました。》などの控えめかつグイグイと迫りくるキャプションと#雑誌VERYとタグでしっかりアピール。

とにかく、外野だからこそ思うのかもしれないんですが、なんかすごいんですよVERYの読モっていうのは!




それで終わりじゃない

さらに、読モから専属モデルになる方が多いのことも特徴のようです。

滝沢眞規子さん、クリス・ウェブ・佳子さん、家長晶さんなどがスナップ掲載を重ねて現在はプロのモデルとして実際に活躍をされています。

最初は数千円の謝礼やコスメをもらっていただけの存在から、プロとしての仕事に結びついている。

しかも「フツーに主婦してたんですけど、なんだかこういうことになっちゃったんです、テヘペロ♡」という躍起になっていない余裕な感じがまた、憧れを助長するものと思われます。

ただの読モで終わりじゃない。
Veryならたとえ可能性は超絶低くても専属になれるのかもしれない!という期待が、意欲をさらに掻き立てているのかもしれません。

まったく、よくできています。

気になるその他雑誌は?

他にも同世代の主婦向け雑誌は複数あります。
発行部数(2014〜2015年)で見てみましょう。

LEE 240,000部(集英社)
mamagirl 150,000万 (エムオン・エンタテインメント)
saita 105,000部 (セブン&アイ出版)
ninas 100,000部(祥伝社)
これらの雑誌はわりと大々的に読モ募集をしていますね。
それぞれ特色があって面白い。

なんだか就職活動と時の企業研究と似ています。

他誌についてはまた気が向いたら書こうと思います。

最後までお読みいただきありがとうございます。

読んだよーの合図にでもクリックしてくださると嬉しいです。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへブログランキング・にほんブログ村へ

こんなトラコミュに参加中!参考になるブログがたくさんあります。
断捨離シンプル&ミニマムな暮らし
ライフスタイル、ライフ、暮らし、生活
シンプルライフ
断捨離でゆとり生活
素敵な大人のシンプルライフ
節約ライフ
*イイもの見っけ♪プチプラでオシャレ*
スポンサーリンク







  • このエントリーをはてなブックマークに追加