歴史的猛暑で気になるエアコン術。『つけっぱなしで電気代を節約』は本当?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

image

連日うだるような暑さですね。

冷え性が故、汗をかくとうれしいとすら思う私ではありますが、歴史的に最も気温が上がるともいわれると、いかに健康・快適に過ごせるかが気になるところです。

エアコンというポイントでいうと、ここ数年シンプルライフ&ミニマリスト界隈では意見が分れています。

議論は大きく分けてふたつ。
①エアコンはつけっぱなしのほうが節約になる?ならない?
②ミニマリストのみなさんはもちろんエアコンなんて持っていませんよね?え、必需品?

それはそれは白熱しているのです。
昨年は正直どうでもどっちでもいいと思っていたのですが、シンプルライフに片足を突っ込んだ今年は節約にも興味が湧き、気になる話題であります。

今回は「エアコンはつけっぱなしのほうが節約になる?ならない?」について、調べて考えてみました。

つけっぱなしの方が安いの?

エアコンをつけっぱなしにしておく方が電気代が安いらしい。

そう囁かれはじめたのは2年ほど前からでしょうか。
以来、マネー系雑誌からブログ、節約サイトなどで検証結果が報告されています。

みなさん体を張り、頭を使い、電気代を毎月チェックされている。

暑ければピッ、リモコンの電池が切れれば放置、先月はじめて正確な電気代を確認した生粋の意識低い系としてはただただ尊敬するばかりです。

その分野では著名らしい方から、一般の主婦、家電マニアさんまでみなさまの努力と汗と電気代の結晶の数々をさらさらと読ませていただき、まとめてみました。

ポイントは”つけ始め”

「エアコンはつけ始めとしばらくたったあとでは消費電力が5倍近く違うのでこまめにすよりはつけっ放しのほうが電気代が安くなる可能性が」
出典:節約目的のエアコンつけっぱなしは正解?-SUUMOジャーナル

「エアコンは初期運動に500W~1000W程度のエネルギーを使う」
出典:エアコンの節電 微風と自動、ドライどれがお得か-ライブドアニュース

これが各ブログやサイトで書かれている基本的なことです。
いずれもエアコン機種や室内外の温度差によっても異なるので、必ずしもつけっ放しがよいとは言えないというコメント付きでした。

結論としては、24時間つけっぱなしにした方が安いというわけではないようです。
使わない時間が多ければ当然のことながら電気代は安くなるのですから。

中には、24時間つけっぱなし使用とこまめにオフでの使用を1ヶ月ずつ実験し、つけっぱなしの方がよいと主張されている方もいらっしゃいます。
たしかに提示されている明細を見ると安くなってはいる。

ただし誰でも同じような結果になるかと言うとギモンでした。
比較的新しいエアコン、高めの温度設定、機能をよく把握して使用するなどの条件がそろうことで実現可能なのではと思います。

ポイントは、エアコンはつけ始めの温度を下げる時に一番電力を消費するということ。

部屋の方角や建物の作りにもよりますが、1時間以下の外出ならそのままつけっぱなしにして、長時間外出するならオフにした方が節約になると覚えておきましょう。

正直、罪悪感があります。

image

電気をつけっぱなしにしてはいけない。
水を出しっぱなしにしてはいけない。

そう言われて育ちました。みなさんもそうだと思います。

結果的に節約になり、消費電力も少なくなる可能性があるかもしれません。
でも、エアコンをつけっぱなしにするという行為自体にとても罪悪感があります。

つけないよりはつけたほうが電力をつかう。それはまぎれもない事実。
消費電力が少ないからつけっぱなしでいいと開き直る感じがいまだ受け入れがたいのです。

もちろん健康を考えれば快適な温度で過ごす方がいいですよ。
わかってはいるんだけど…という気持ちの問題です。

エコで、節約になり、快適。
そのバランスを見つけていきたいものです。

アラサー会社員、ひとり暮らし。さあどうする。

はじめて節約にめざめた今年の夏。
上記のエアコン事情を踏まえてどうするか考えてみました。

現状を確認しておきます。
家にいるのは平日の夜間と休日のみ。部屋は南向き。
やや寒がりの傾向で、水分補給はマメなほう。
エアコンは2011年製でおそうじ機能が自動で付いています。

○基本は扇風機

image

この時期、職場が寒いです。
暑がりの男性社員が多いのでエアコンの温度設定が低めなのです。

日中は体が冷えるため、家にいる時ぐらい多少じわりと汗をかいてもいいのかなと思い、自宅ではまだエアコンを使っていません。

代わりに、帰宅したらすぐに一旦窓を開けて室内にこもった空気を外に出します。その後は扇風機が大活躍です。

今は部屋が狭いのでスリムなタワータイプを使っています。
ネットで色々と比較した結果、お値打ちで音も静かだというこちらを購入しました。
縦長フォルムで吹き出し口も広く、風量にも満足です。

本当はこちらのウッドタイプがほしかった!
今のインテリアには白のほうが合うので断念しましたが、こちらが断然好みでした。

今後、暑さが厳しくなり寝苦しくなったら迷わずエアコンを使います。
節約よりも健康管理の方が断然大切ですからね。

その時も温度設定は28度、扇風機との併用が基本です。
エアコンの真下において送風することで、室内の空気がかくはんされて部屋全体が効率よく一定の温度に保たれます。

○風量は自動設定

これは家電メーカーに勤務する友人のアドバイスなのですが、風量は自動設定が良いそうです。同じような内容は様々なメーカーサイトでも確認できました。

エアコンをつけてすぐは室内の温度が高いため、がんばって冷やそうとします。弱風モードに設定してしまうと部屋が涼しくなるまでに時間がかかり、かえって電気代が高くなります。

はじめから自動設定にしておくことでもっとも効率的に部屋の温度を下げ、その後は電力の消費を抑えながら温度を維持するような仕様になっています。

各社競争して作っていますから、そうした機能は今や標準装備。開発努力の賜物ですね。

○ドライを活用

これは自宅のエアコンの説明書に載っていました。
設定温度が同じだった場合、冷房とドライ(除湿)ではドライの方が消費電力が少なく、節約効果が期待できます。
もっと早く読んでいたらよかったです。

これは機種によって異なる場合もあるので、エアコンの品番で検索していましょう。
いまは大体の家電製品の説明書がメーカーサイトでダウンロードできるようになっています。

湿度が低くなるだけで、じめじめとした不快感がなくなりずいぶん涼しく感じますよ。

まとめ

気になる『エアコンのつけっぱなしで節電』について、ひとり暮らし会社員の視点からみていきましたがいかがでしたでしょうか。

ポイントは部屋を冷やすためにもっとも電力を消費する『つけはじめ』。
1日のうちに何度もスイッチを入れたり消したりすることを避けましょう。数十分の外出ならそのままつけっぱなしにしたほうが良いです。

ただし、長時間外出するならオフにした方が節約になると覚えておきましょう。

また、風量を自動設定にすること、扇風機とうまく組み合わせて使うことで、効率よく部屋を冷やすことができます。
そうすることで電気使用量の削減、ひいては電気料金の節約につながるのです。

ちになみにこちら、大いに参考になりましたがここまではなかなか。

最後までお読みいただきありがとうございました。
読んだよーの合図にでもクリックしてくださると嬉しいです。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへブログランキング・にほんブログ村へ

こんなトラコミュに参加中!参考になるブログがたくさんあります。
断捨離シンプル&ミニマムな暮らし
ライフスタイル、ライフ、暮らし、生活
シンプルライフ
断捨離でゆとり生活
素敵な大人のシンプルライフ
節約ライフ
*イイもの見っけ♪プチプラでオシャレ*
スポンサーリンク







  • このエントリーをはてなブックマークに追加