ひどい冷え性が一発解決!水のいらない足湯でポカポカ満喫中

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは。暑がりで寒がりなくらためです。

気温の変化にとことん弱いです。

そういえば営業の頃、異動願いを出した時に理由欄に「夏の外回りが暑いから」と書いて、見てもらった先輩に怒られたな。

若気の至りだよっ(`・ω・´)

そんな私が、この冬夢中になっているあったかグッズをご紹介します。

使っているのはデスクワーク中。これまで試した中で圧倒的に気に入っています!




冷えを解消!湯のいらない電気足湯器

img_7319

こちら、その名の通り脚温器 ぽかぽか足湯です。

なんとお湯が要らなくて、電気でじんわり温めるタイプなのです!!

正直、最初はふ〜んなんだそれだけかと思いました。でも使って見てわかるその便利さ!

足元用温熱ヒーターだと熱くてヤケドが怖いことがあるし、電気膝掛けだと結局末端が温まらないのです(泣)。

そしてこの桶型の温熱器具に勝るものがないのでは、という結論に行き着いた。

家電はしっかり説明やレビューを読み込んで納得してから買うタイプですが、その点こちらは値段以上の価値があると思います。

売切れも続出なので本格的な寒さが来る前にどうぞ。私も家族用に追加で購入しようとしてすごく探しました。

ココがすばらしい!

img_7321

3週間前に購入し職場でコツコツ温脚活動をしています。

感想はというともっと早く買えばよかったの一言!そのポイントをまとめておきますね。

①操作が簡単

使い方は簡単。コンセントにさしてスイッチをHI(高温)かLO(ちょっと低め)に合わせるだけです。

ひざ下まで温められるフットカバー付きで熱を逃がさず、ふくらはぎまでしっかりと温まります

数分で遠赤外線効果で全身がぽかぽか。足だけでなく手の指先の冷えまでなくなるほどです。

10分ほどの使用でスイッチをオフにしても、余熱でしばらくは暖かいですよ。

②足湯なのにお湯が要らない

なによりお湯を入れなくていいのはとても楽です!!

重いし気をつけないと周りが濡れてしまうしで、本当の足湯って面倒なんですよね。

そういう手間が一切ないので職場でも気軽に使えます。

そしてお湯を入れないメリットがもうひとつ。

img_7320

なんと横に倒して使えます(笑)。

寝たまま使えるのが嬉しいですね。足元が冷えて寝付けない時などこれがあればすぐにウトウト・・・

これ、本当に気持ちいいので仕事中は要注意です(汗)。

スポンサーリンク




③持ち運び可能

いつもは職場の机の足元に置いていますが、寒くなりそうな週末は持ち帰り自宅でも愛用しています。

重量5kg。40cmx30cmと小さなダンボール箱ほどサイズで女性も持ち運びに問題ありません。

夏の間の収納場所に困るかと思いましたが、冷房対策で夏も使うつもりです。

足を温めるのはいずれにしても体に良いですからね。

④経済的

電気代は1時間で約4円と低コスト。これは家計にも嬉しいですね。

そもそも割とすぐ体が温まるので1時間連続使用することは私はありません・・・

重ね着とこちらの足湯マシンがあれば、雪がちらつくような真冬以外は暖房をつけなくても大丈夫かなと思います。

⑤見た目もギリギリOK

フットマッサージや足湯マシンって、なぜかプラスチック製でピンクやブルーが多いですよね。はっきりいってインテリアの邪魔になります。

収納があれば問題ないのですが、なにせワンルームですから(泣)。

こちらは天然木使用で、部屋に置いてあってもギリギリ邪魔にならないレベルです。ていうか上部のマークいるのか?!(笑)。

⑥洗えて清潔

フットカバーは取り外して自宅で洗うことができます。

洗濯機に放り込みましたが特に問題ありませんでした。足裏は以外とじんわり汗をかくので、頻繁に洗えるのは嬉しいです。

まとめ

くらためが今期絶賛ハマり中の湯のいらない足湯器をご紹介しました。

例年10月頃から手足の冷えを感じだし、12月にもなると感覚がなくなるほど冷たくなって辛い思いをしています。

でもこの足湯マシンがあれば今年の冬は快適に乗り切れそう。ヨガも合わせたらもう最強です!

脚温器 ぽかぽか足湯を探す

最後までお読みいただきありがとうございます。

●ミニマルライフのヒントはこちら(日本ブログ村)
断捨離シンプル&ミニマムな暮らし
ライフスタイル、ライフ、暮らし、生活
断捨離でゆとり生活
節約ライフ
*イイもの見っけ♪プチプラでオシャレ*


●ランキング参加中!ポチッと応援いただけると励みになります
にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
おすすめ記事はこちら
スポンサーリンク







関連コンテンツ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加