日々の快適度がアップ!サランラップはこれに限るという結論。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは、くらためです。

他人と住むというのは日々発見の連続ですね。

多くのことは話してきたつもりだし、ここで脳内垂れ流してきたこともあってか、互いに知らないことはほとんどないと思ってきました。

それでも後から後から出てきます。

しかも「これだけは譲れないから話しておきたい」なんて言われたら、身構えてしまいます。

なあに?( ´∀`)

「ラップはこれじゃなきゃダメなんだ」

スポンサーリンク




いつものラップ

サランラップ。残り物のおかずにかけたり冷凍ご飯を包む、あれ。

ミニマリストを目指し日々を整えようと試行錯誤している身ではありますが、その辺りの消耗品についてはあまりこだわりがありません。使えればなんでもいいのです。めくったらすぐ捨てますし。

(ラップを使わないエコで丁寧な暮らしは1ヶ月も経たず断念した過去についてはなかったことにしていますので悪しからず)

そんなわけで、これまで使っていたものは常連のドラッグストアで100ポイント貯まったら引き換えになるものや、そのドラッグストアで特売になるもの、あとガソリンを入れた時にたまにもらえるもの。

それが当たり前だったしそれで十分だと思っていました。

スポンサーリンク




使ってみた

「これじゃなきゃ」という言葉の持つ温度に驚きましたね。

ただのラップでしょ、そんなにこだわらなくても・・・と思っていると実際に持ち寄った荷物の中にそのラップはありました。

ああこれね、おばあちゃんの家はそういえばこの緑のパッケージだったな~。

どれどれと使ってみます。

ハッ ((((;゚Д゚))))

指で挟んだ瞬間、違いがわかりました。このラップ明らかに厚いのです。

そして歯の切れ味がいい。お皿への密着感も、ラップ同士が接着するところもぴったりとつきます。それでいて剥がれにくいということもありません。

そういえばラップ同士がくっついて離れないとか小さいけどストレスなんですよね・・・

なにこれすごい!!

その快適さについ興奮してしまったわけですが、そうだろ~すごいだろ~とここ数ヶ月で一番の笑顔を見せてきました。

当然、こちらの方が少々値が張るのですがラップは毎日のように使うモノ。これだけ使い心地に差があると数十円~100円程度の差なら納得ですね。

「なんでもいい」と最初にも言いましたが、だったらこだわりのある人に合わせた方が平和かもなあとも思いますし。

強いていえば、良品週間中に言ってくれればこのラップケースを買ったんだけどな〜。

というわけでこれからのサランラップ生活は旭化成のサランラップ (30cm×50m)にお世話になり、みずみずしいものになる予定です。

買う時に間違えないようにしないと・・・

最後までお読みいただきありがとうございます。

おすすめ記事はこちら
スポンサーリンク







関連コンテンツ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加