あなたと私の、食の価値観について。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは、くらためです。

週末にハッとしたことがありました。

他人同士が一緒に住むことになった場合の問題の一つ。

食の価値観についてです。

スポンサーリンク




とりあえず確認

「パンあるから適当に食べようぜ〜」と言われて目をやると、確かにたくさんのパンがありました。

ザ・男子セレクトだねっ(´∀`)

大変バラエティ豊かです。カラフルですしどれも凝った作りです。

甘いのだけだと好みが分かれるからピザも買っておいた優しい僕(ドヤ)を強調され、あ・・・ありがとうととりあえずアッポーパイを半分いただきました。美味しかったです!

そしてふと思いました。聞いたことなかったけど、この人は毎朝何食べているのだろう。

「だいたいいつもこんな感じ。寝坊してやばい時は珈琲だけ」と、アラサー独男らしいといえばな感じの答えが帰ってきました。やっぱりか〜。

ここで疑問が一つ。勇気を出して一つ、聞いてみました。

もう少しヘルシーなん感じでもいけますかっ(´∀`)

スポンサーリンク




すり合わせ

こうしたパンは手軽で美味しくてとても便利です。ただ、毎日だとちょっと気になる健康とお金のこと。

もしできたら、週2ぐらいは食パンとかご飯でスープとかサラダがあってもいけるのかな〜とやんわり確認してみます。

「全然いける!むしろ実家では毎朝和定食っぽい感じだったし大歓迎!」って、後半部分はまた微妙な感じだよ・・・歓迎ということは私が和定食作ることになるのだろうか・・・

でもスムージーとか甘酒は勘弁してほしいと言われました。大丈夫、そこはこちらも求めていません(笑)。

こんな感じで朝ごはんの話をしていて思いました。食の価値観ってすごく大事ですね。好みや考え方の部分を互いに汲み取っていくしかのだろうな〜。

普段からここでも粗食粗食!と書いており実はその点も不安でした。困るとか嫌だとか、食事気にはっきり言ってほしいと伝えました。

「平日は一汁一菜大歓迎!社食で毎日揚げ物食ってるし!」

・・・土井先生の本を一緒に読んでいたことが功を奏しました。土井先生ありがとうございます(泣)。

料理の初期化。一汁一菜でよい、と土井センセが言うからさ
こんばんは、くらためです。 報道ステーションで料理研究家の土井善晴センセがとーっても良いお話をされていたので覚書。 料理の初期化...

食は毎日のことで、今までのそれぞれの当たり前があります。それをどう尊重しすり合わせていくか。

皆様はどうされているのかな〜と思った朝の出来事でした。

最後までお読みいただきありがとうございます。

おすすめ記事はこちら
スポンサーリンク







関連コンテンツ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加