もう「モノ持ち貧乏の泥沼スパイラル」にハマらないために。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは、くらためです。

ほとんど実戦でいていないけど、節約系&貯蓄系の話を読むのが好きです。

読んだだけでやったような前向きな気分になれるし(おい)。その後、数日間はちゃんと意識して生活できます。

そして忘れた頃にまた読めばいいのです。

新年最初の週末。

友達にランチの後セール行こうよ~って誘われた週末でした。

・・・モノ持ち貧乏の泥沼スパイラルを頭に叩き込んでから出発したよ!

スポンサーリンク




泥沼スパイラル

シンプルに暮らせばお金が貯まるという考え方があります。ブロガーさんもファイナンシャルプランナーさんもよくその手のお話はされています。

逆に複雑に暮らせばお金がどんどん出ていくというわけです。

まさに、モノ持ち貧乏の泥沼スパイラル

かつての自分の部屋を振り返りつつ確認します。

①モノで溢れている

服に小物、生活雑貨、食材。

なんのためにいつ買ったのか、いやうっかりもらっちゃったのか?そんなモノが棚や収納いっぱいでした。

整理しようという気も起こらずどんどん積み重なっていきます。

②判断力が鈍る

積み重なったモノを前に、要るモノと要らないモノの区別がつかなくなってきます。

気に入って買った素敵な服がそうでもない服に紛れて、その輝きを完全に失う。そんなことを幾度となく経験しています。

お店で見た時は本当に可愛かったのにな~。

本来は気に入っていたのに、取り出しにくさが故に放置して、時間の経過によって色褪せて見えるということもありますね。

③なんとなく買いが増える

ああもうこれ、マジ泥沼ですよ。

クローゼットの前での判断力が鈍ると当然、魅力的なモノで溢れたお店での判断力はもっと鈍ります。

既にも同じようなモノを持っているのに家では素敵に見えなくなってしまっているから、また買ってしまう。典型的ですね~。

その繰り返しでモノがどんどん増え、一方の財布は寂しくなっていきます。

スポンサーリンク




④さらに荒れる

こうしてモノが増えても収納が多かったり整理上手だったらいいのですよ。お手伝いさんがいて綺麗に並べてくれるとかね。

でも小市民はそうはいきません。普通にキャパを超えて部屋は荒れ放題になります。

ベッドと壁の間、本当はスムーズに通りたいのに収納ケースを置く羽目になったり、極狭キッチンの床に置かれたダンボールを跨ごうとして並べたカラーボックスと足の小指をぶつけて悶絶したりするのです。

仕事で疲れて帰ってきてこんな調子ですから、イライラしますよね。落ち着かない。

⑤また増える

イライラを忘れるにはどうしますか。

ケーキ食べるよね。300円ショップやナチュラルキッチンで可愛い雑貨増やすよね。服だって買います。

大人にはストレス解消が大事だと「自分にご褒美♡」をいっぱい与え、やたら小さい木の棚にさらに小さい雑貨やアクセサリーを並べるとかしていました。

こういうのね。可愛い。

yahoo.com

「またやってしまった・・・」と使ったお金を思い、埃をかぶった飾り棚や小物を見つめつつも、数日で忘れる能力を持ち合わせていたのでちまちました雑貨はどんどん増えていくのです。

周りからもなんだかんだといただきますしね。

スポンサーリンク




意識を変えるしかない

この①から⑤ひたすら繰り返す。2年前までこのスパイラルでした。

そこからやっとの思いで抜け出して片付け始め、最小限の買い物しかしなくなったのがここ数年。

いつかウォークインクローゼットとパントリーがある部屋に住むぞ!と思っていましたが、モノを減らしたらそもそも収納ケースもカラーボックスも要らなくなるのだから拍子抜けですよ。

それでもなお時折押し寄せるストレス。物欲。

その度にモノ持ち貧乏の泥沼スパイラルを思い出すようにしてきました。我慢するためではなく、きちんと納得した上で物欲と向き合うためです

買い物前に一呼吸して念じましょう。

・・・私はもう、あの沼にはハマらない。

上昇スパイラルに乗るんだと強く意識して。

ついでに、ホイップたっぷりパンケーキではなヘルシーなフルーツボールを頼んだ自分を褒めたいです。

最後までお読みいただきありがとうございます。

おすすめ記事はこちら
スポンサーリンク







関連コンテンツ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加