5つの心得で驚くほど進む!実家の断捨離は1日で。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

予備の喪服、スーツケース、卒業アルバム、本、写真、服、手帳…
考え付くだけでもこれだけはある、実家に置きっぱなしのもの。

シンプルライフをはじめるにあたり読んだ本に書かれていたフレーズ

「使わないものを親やきょうだいに押し付けてはいけない」
「手元にないものは、これからも使わない」

正論ですね。耳が痛い。

思い立ったが吉日。5つの心得があればどんどん進むということでやってみました。

cat-807530

いつまでも自分の家だと思うなよ。

その1 基本全捨て

自分の家においていないのは、いらないからなのです。

収納スペースがないからというのは言い訳で、本当は捨てるのが面倒だっただけ。
今の暮らしに必要がないなら潔く手放しましょう。

方法は普通の片付けと同じ。まずはクローゼットや棚のものをすべて出します。

そこから必要なものだけを避けて、あとはすべて処分。自分の部屋に持って帰ろうと思わないモノはすでに役目を終えたのです。

その2 作業はひとりで

片付けやシンプルな暮らしは、ブームを超えて定着した感じですが、親世代にはまだまだ理解し難い部分もあるようです。

途中で「もったいない」「まだ使える」などと声がかかることもあります。すると判断力が鈍ります。

実家の断捨離はスピード勝負!

特に部屋数が多い家の方は要注意。置いておけばいいじゃないという甘い囁きはスルーでいきましょう。

その3 アラームをオン

持ち帰るモノの選択は最初の1時間以内に終わらせたい。

これで決められないということは基本的にいらないモノと言っていいでしょう。

場所ごとに時間を決めてアラームをセットすることで緊張感を持って作業ができます。

残りの時間で不用品の処分をします。実は選択以上に時間がかかることが多いのです。

自治体のルールごとに分別したり、指定の場所に持参したりとかなりの時間と行動力を要します。

ここでもアラームをセットして、シュレッダーは15分以内で!というようにゲーム感覚でサクサクッと進めましょう。

その4 未就学時の思い出はノータッチ

基本的に全部捨てると言いましたが例外があります。

それは生まれた頃から小学校に入るぐらいまでの写真や作ったものです。これらは親にとっての思い出の品。

片付けの基本に「人のものに手出し口出しをしない」というものがあります。
子育てをしていた頃の記録や記憶を無断で処分してはいけません。

親が存命という場合はまとめて両親へ渡しましょう。

すべてを親任せにできないという人はまず30cm四方ほどの段ボールに入る程度に減らし
それを親に渡して終了とします。

ちなみに、両親に卒園アルバムをどうするか尋ねると「まだ置いてたの?」と塩対応されました。

その5 写真との今後の付き合い方を決めておく

photo-256889_1920

永遠に終わる気がしませんよ

写ルンですからはじまり、プリクラ、チェキ、デジカメ、スマホ内臓、デジタル一眼など
あらゆるカメラと接してきた80年代生まれ。

写真の量が膨大という方も少なくないのでは。

それらと向き合うには、まず今後の写真との付き合い方を決めてしまう必要があります。
大きく分けて以下の3つの分けられますね。

アルバム保存派

自宅に持ち帰ってでも置いておきたい、見ると幸せになる写真だけを気に入ったアルバムにまとめましょう。

写真を持っておく意味は、見返して癒されたり元気をもらうこと。
写りの悪いものは処分でいいのです。

顔の部分がわからない程度に細かくやぶるなどし、自治体のルールに則って処分を。

データ保存派

量にもよりますが、ひとまず時系列に並べてからひたすらスキャナーで読み取っていきましょう。

いずれもひたすら長い作業ですが、膨大な量がメモリスティックにまとまった時の感動はまさに断捨離の醍醐味!

…見返すことはほぼないのでしょうけれど。

全捨て派

過去に固執しない、もしくは忘れたい過去があるなど断捨離を機に写真をすべて処分することはめずらしくありません。

卒業アルバムと検索すると入力補助で「処分」と出てきたことからも捨てる派が一定数いることが伺えます。

やはりシュレッダーの購入かレンタルをおすすめ。そしてデータ保存は同様に無心に取り組むことがポイントです。

私は写真との付き合い方を先にを決めなかったばかりに、終盤でかなり慌てました。

ひとまずアルバム保存派として、ましな写りのものをセレクトし5冊のアルバムにまとめ他のですが、すべての作業でこれが一番時間がかかりました。

まとめ

その1.基本全捨ての気持ちで
その2.ひとりで淡々と
その3.アラームをセットして時間を意識し
その4.5歳以下の思い出アイテムは親に任せて
その5.写真という大きな壁に心して立ち向かう

この心得があればスムーズに実家の断捨離ができます。

自宅への帰り道、本当に自立したのだなというわずかな寂しさもうこれで立派に独立したのだという清々しさを同時に味わうというのもまたオツなものです。

最後までお読みいただきありがとうございます。

読んだよーの合図にでもクリックしてくださると嬉しいです。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへブログランキング・にほんブログ村へ

シンプルライフ&ミニマリストの参考になるブログがたくさん!!
断捨離シンプル&ミニマムな暮らし
ライフスタイル、ライフ、暮らし、生活
断捨離でゆとり生活
素敵な大人のシンプルライフ
節約ライフ
*イイもの見っけ♪プチプラでオシャレ*
おすすめ記事はこちら
スポンサーリンク







関連コンテンツ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です