シンプルの基本はやっぱり『ラベルなし』だと思う。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは、くらためです。

使い終わったモノを見て、ふと思ったこと。

基本的にラベルを剥すのがいちばんのシンプルの近道だなっていうこと。

スポンサーリンク




どんどん剥がそう

この無骨なパッケージ、嫌いじゃないのです。剥がそうとしたら白く残って剥がれないその頑丈さもまた悪くない。

こっちのリステリンクールミントと違って、なんだか文字のバランスもボトルもかっこいいしね。洗面所狭いし結局この使いきりが良い感じ。

でも新たに買ってきたのは別物だったね。しかも大きいしマイルドなやつ。すっきり感が全然違うじゃないかゴルァ(`ω´ )

でも、悪くない点があった。

ラベル、剥がせる〜♪(´∀`)

真っ白になったこのボトル、広くない洗面所でも圧迫感がありません。やっぱりラベルのインパクトってすごいな・・・

でも消耗品をいちいち詰め替える根性もないし、どうしたものですかねこのラベル問題は。

そういう意味で、とっても話題になっているAmazon先行販売!おいしい水 ラベルレスボトルとかやっぱり最高ですよ。

見た目すっきりだし分別のためにめくる手間もない上にエコ。環境に優しいしメーカー的にもコストダウンですよ。必要な最低限ことだけキャップにでも印字してくれれば十分。

もういっそこれがスタンダードになれば良いのにな〜。

でも、メーカー視点だと差別化とかいって色々つけてしまうのです(我が身に覚えあり)。ああ悩ましい。

最近はまた「詰め替えないそのまま収納」に立ち返ったようだし、消費財メーカーさん、やっぱりパッケージはシンプルにいきましょう!ね!

最後までお読みいただきありがとうございます。

おすすめ記事はこちら
スポンサーリンク







関連コンテンツ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加