【錯覚と現実】ミニマリストが家を買うということ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは、くらためです。

周りで家を買う同世代の人が増えています。それはまるで当たり前のようにです。

キレイな新居にお邪魔する機会が増えてワクワク!昨晩も素敵なおうちにお邪魔してきました〜。

そこで、聞かれるのが「それで、二人はどうするの」というお決まりやつです。

・・・ど、どうするの?((((;゚Д゚))))))

スポンサーリンク




ミニマリストは賃貸派優勢?

ミニマルだシンプルだと傾倒する私は、それこそ多くの「暮らし上手」な方々の生活を垣間見、知恵を拝借している日々。

その手のブログや本、特集に詳しい方ならご存知の通り、ミニマリストやシンプルライフ推奨派の方は俄然賃貸派が多いのです。

人口減と空き家問題が騒がれる現代ニッポン。ローンという名の借金を背負いその土地と決まった家に縛られるなんてナンセンス。

モノは少なく身軽にして、自由に住み替えできた方がリスクが小さいっ(´∀`)

という具合に理路整然と綴られているので、自分の環境を振り返ること話し合いもせず、賃貸バンザイと結論づけてしまいそうになります。

錯覚、に近いかな。

スポンサーリンク




不動産を持つという現実

一方で、この辺りでは家族を持つとすぐに、或いは3〜5年以内に不動産を持つのが一般的とされています。

是非は別としてそういうことになっているという感じ。それが現実。

ちなみに、持ち家イコール戸建ての購入な感じです。マンション自体が少ないし割高感があるのであえて買おうという人も少ない。これも土地柄でしょう。

周りの「それで、くらためたちはどうすんの?」というピュアな問いに対して

え〜、賃貸でも良くね?(´∀`)

賃貸でも素敵に暮らしていらっしゃるミニマリスト&シンプルライフ諸先輩の姿勢を拝見しているからでしょう。ときめきまくっています。

それが今の本音ではあるのですが、安易に口にできない雰囲気です。

家という不動産を購入済みの人たちを前に「本当にそれ要るの?」と言うのは失礼な気がするし、変なヤツ認定されたら面倒臭いし・・・

しかも実際にキレイな庭付きのお宅訪問などをした日には戸建ての持ち家に憧れてしまうというという本心も・・・(ああ〜認めてしまった!)。

きっとこれからもっと、周りや家族にも色々と問われる時が来るでしょう。それが向き合うべき現実です。

家を買って得する人、損する人とか読み出したらもうキリがない(泣)。

正解のないこの問題、もっとよく考えて話し合わないといけませんね。家を買うプロセスもかかるお金も全部知った上で判断しよう。

そんなこんなで不動産情報のチラシを手に取る手に妙に力が入る土曜の朝なのでした。

最後までお読みいただきありがとうございます。

●ミニマルライフのヒントはこちら(日本ブログ村)
断捨離シンプル&ミニマムな暮らし
ライフスタイル、ライフ、暮らし、生活
断捨離でゆとり生活
節約ライフ
*イイもの見っけ♪プチプラでオシャレ*


●ランキング参加中!ポチッと応援いただけると励みになります
にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
おすすめ記事はこちら
スポンサーリンク







関連コンテンツ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加