シンプルライフが加速するたった3つの方法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは、くらためです。

来月で引っ越して5ヶ月。

他人との新生活にはちょっとしたストレスがつきものですが、大きな問題もなくここまで来ていることに安堵しています。

そして改めて気づくこともありました。

次のことを意識して過ごすだけで「今」が、毎日が楽にシンプルになるのです。




規則正しリズムを守る

かつての私は夜更かしの常連でした。

だらだら起きている反面、週末は泥のように眠るなどとその日その時の気分任せ。そして慢性的に疲れていました。

この数ヶ月は良くも悪くも互いのリズムに合わせようとしていたわけですが、どうも彼の方がリズムが一定なのです。

気づけばだいたい同じ時間にお風呂に入るし就寝します。週末も結構早く起きているし、食事の時間も平日と変わりません。

20代の頃はそうでもなかったと言います。でも休日を有効に過ごしたり平日に仕事に集中するには、1に睡眠、2に体調管理。ある程度規則正しい方がその点楽だし効率が良いと今になって思うそうで・・・

至極真っ当っ(`・ω・´)

というわけで極力合わせるようにしています。近くにそういう人がいるとつられて意識するようになりますね(笑)。

スポンサーリンク




ちょっと昼寝する

土日はどちらかは家で過ごすことが多いです。そしてほぼ毎回昼寝をします!

周りにそういう習慣がある人がおらず、最初は体調悪いのかなと心配しましたよ(汗)。

でもどうやらこれが休日のありがたみをシンプルに味わう、最も効果的な方法なのです。

「だって仕事の時は寝れないだろ」って、そうだね。部長に怒られます(笑)。

午前中はやりたかったことをやる。午後は1時間程度の昼寝で体も気分もスッキリして、夕方からも気分よく過ごし翌週へのテンションを静かに上げていく。

私は家にいるとどうも慌ただしく動いてしまいます。指摘されて気づいたのですが、確かに片付けなきゃ、冷蔵庫の中チェックしよう、ブログを書きたい・・・というように頭の中は常にオンの状態です。

それで自分が楽しければ良いけれど、追いつめているような部分も否定できません。

「今、この時間をのんびりする」ことを単純に意識するって大事ですね。

スポンサーリンク




愚痴とは距離を置く

私は友人たちと出かけるのが大好きです。

でも時に相手に合わせたり、延々ネガティブな話を聞いて疲れたり、逆にこちらも愚痴ってしまい後から反省なんてことがあります。愚痴っていると問題を複雑化させたり、思い出し怒りしたりするし(汗)。

よく「ツレ」とよく出かけているのを見て、そういうことない?とつい聞いてしまいました。その答えが意外というか興味深いものでした。

「遊んでる時に目の前のこと以外は話さない。だから愚痴はない」

嘘だ〜この格好つけ野郎めっ(´∀`)

と思ったけど、「それにあいつらに愚痴っても解決しないだろ」と付け加えられ、妙に納得してしまったわけで・・・

これは男女差か?いや、女性でも愚痴らない方もいるし個人差か。

深い話ができて初めて本当の友達だと思っていたけど、それも一種の呪縛なのかもしれません。そもそも「深い話=なんでも話す=つい愚痴」っていう構図が違うのか・・・

今年はポジティブに過ごすと決めたのだし、愚痴と距離を置くというのは今をシンプルに楽しむコツとして取り入れやすいものだなと思います。

ちょっと意識してみようっ(`・ω・´)

なんだか楽(ラク)そうに生きている人。楽しそうにしている人。その考え方や意識にシンプルライフのヒントがあるものですね。

最後までお読みいただきありがとうございます。

●ミニマルライフのヒントはこちら(日本ブログ村)
断捨離シンプル&ミニマムな暮らし
ライフスタイル、ライフ、暮らし、生活
断捨離でゆとり生活
節約ライフ
*イイもの見っけ♪プチプラでオシャレ*


●ランキング参加中!ポチッと応援いただけると励みになります
にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
おすすめ記事はこちら
スポンサーリンク







関連コンテンツ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加