支出を減らす

【2019年ふるさと納税】節約目当てのセレクト&ポイントは4つ!

こんにちは、くらためです。

今年もふるさと納税をきっちり利用して、節税&返礼品をうまく活用して生活費削減を目指します。

案外大きな出費になるので計画的に、また年末に駆け込むと焦るので、早いうちに終わらせておきたいもの(今年はルール改正もありそうですしね)。

 

彼は早々に金券(アマゾンと旅行券)を申し込んだのですが、くらためはひたすら食費と生活費をカバーする返礼品狙いです。

すでに頼んだ返礼品、その共通点とは?!

スポンサーリンク

毎日食べるお米で節約

まずは基本中の基本である米ですね。

過去には発送時期を考えずに、狭い1ルームに20kgのお米を積んだ失敗も(汗)。今回は、消費中の米がなくなる予定の3月頃の発送を選びました。

断然お得な30年産 厳選米5kg×3セット計15kgが到着します!

 

5kgのお米は周辺のスーパーだと最安でも1600円程。10,000円の寄付金で、3袋=4,800円相当がもらえます。

返礼品額は寄付金の3割程度という決まりがあるようですが、このお米はやっぱりお得だな〜。

スポンサーリンク

良質な肉と魚を選んで出費を抑える

お米の次に欠かせないのは肉と魚です。

ご飯を炊いて、肉か魚があって産直かスーパーで買った野菜があれば食卓が完成します。

 

過去にはもつ鍋やイクラ、ステーキ肉などを頼んで贅沢な気分を味わっていました。

すごく美味しくて嬉しかったけど、1回の食事で終わってしまうので節約効果はというと微妙なところで・・・

今回選んだのは大容量 国内産豚ウデ肉・豚モモ肉スライスセット、そして海産屋のひもの三昧です!

 

 

今年のふるさと納税、頼んだものの共通点はズバリ!

①毎日のごはんに役立つ

②量が多め

③質も大事

④到着時期を必ずチェック

 

ご覧の通り、節約効果を期待して毎日の食事に使えるもの、つまり日々の食費を抑えてくれる返礼品を選びました。

だから量はもちろん重視。

長く楽しむことになるので、美味しく飽きずに食べられるよう質も大事です。これはもうコメントを読み込んである程度信じるしかない(笑)。

 

何より大事なのは発送時期です。

年末に頼んだものの到着時期を考慮して、魚は即納、肉は8月到着の品を選択。特に冷凍品の場合は冷蔵庫のスペースを空けておく必要がありますからね〜。

こちらによく似た豚肉は昨年頼んでとても美味しかったし、干物セットはとにかく量と質に大満足。金目や真あじの開きで夜は一杯飲むって最高です!

 

今年の年収はまだ確定していないので、まずはこの3つを頼みました。あとはボーナスの様子を見て、また年末に金額が確定したら追加して行きます!

よ〜し、今年のやりたいこと1つクリア( ´∀`)

楽天リーベイツを経由して「さとふる」や「ふるなび」で寄付するだけで、申込金額の1%分の楽天ポイントがもらえちゃうのでお忘れなくですよ〜!

最後までお読みいただきありがとうございます。

スポンサーリンク

あなたにオススメの記事