こうして、家計簿をつけず貯金できるようになった。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは、くらためです。

秋深まる今日この頃、新生活が始まって半年が過ぎました。

最初は気合いも入ってたよね。

【新生活】「年間の目標貯金額」を決めました!
こんにちは、くらためです。 春から新生活を始めて、これまで好き勝手にやってきた色々なことが仕切り直しとなっています。 例...

互いのペースを探りつつ、時に話し合い色々なことを決めていく中で、やっぱり気になるお金のこと。

もともと家計簿アプリで大枠しかチェックしていなかったし、今年は仕事の忙しさを言い訳に適当になっていました。

それでも貯金ができるようになった理由は?




固定費を見直し

ここで書いたので詳細は省きますが・・・

一人暮らしOLでも年間100万円以上貯金ができた、シンプルな5つの方法
こんにちは、くらためです。 収入は多くないけど貯金はしたい。 買い物や旅行は大好き、車必須の地方住まいで、大幅な収入増は望めず、...

貯金額を決めた際に共通認識だったのは「無理はしたくない」ということでした。

楽しみは削り過ぎず、でもしっかり貯めるには固定費のチェックが効果的 です。例えば実際にやったことは・・・

スマホは二人とも格安SIMに。

お互いの自動車保険は見直してマイナス4,500円。

日中は不在なので電気は夜間使用プランに切り替え。

ヨガチケットを使い切り、単発レッスン&家ヨガに切り替え(これ固定費か?)。

こんな具合に毎月の出費を見直して削れるところを削る。最初は面倒だけど、一度やってしまえば後は何もしなくていいので楽々です。

ポイ活でお得に楽しむ

外食もしたいし基本ワクワクしたい(`・ω・´)

というわけでファンくるで外食モニターに応募したり、ゲーム感覚でポイントを貯めたりとコツコツと続けています。

彼はこういうの苦手(ていうか嫌い)らしいので、サイト経由しての買い物やアンケートは基本ひとりでやっています。ご飯にはちゃっかりついて来やがるけどね♡

ポイ活で貯めたポイントを電子マネーに交換し、それで決済する。

手間に聞こえるかもしれませんが、慣れてしまえばコンビニATMに現金を引き出しに行く方がよほど面倒!つまり、やるかやらないかなのです。

私の場合は大きく稼げるわけではありませんが、楽しめるうちはOKということでゆるくお得を目指しています。

●ポイントが貯まるハピタスをチェックする

●外食モニターのファンくるをチェックする

ボーナスは基本貯金

二人とも支給額に変動があるのでそもそもあてにしていませんが、だからこそやんわりルール決めをしています。

①ボーナス払いをしない

②大きな出費(家電や車関連など)は先取り貯金から捻出

③基本、全部貯金

これ、単純明快で効き目は抜群です。

私はここ数年このやり方だったのですが、受け入れてくれてよかった(ホッ)。

今夏の賞与も計画的に旅費の足しにした以外はキープ。冬も特に予定がないのでそのまま貯金して、年間貯金目標をクリアしたいです。

ボーナスがない場合はどうするかって?スキマ時間でポイ活と副業を始めて自分でボーナスを作りましょう。考えるより行動!

スポンサーリンク




「今月ピンチ」な中間報告

生活費は、互いに給料日に一定額を1つの口座に入れています。家のやりくりはその範囲内で個人の出費は基本的に別財布からです。

その口座をたま〜に確認。残高を見れば状況は一目瞭然ですよね。

そして月中あたりで中間報告をしています。

今月ヤバ〜 (`・ω・´) とかね。

察してもらうとか到底ムリなのではっきりと、でも口うるさくならなように「ピンチです〜」と伝える。その一言があるかないかで月の後半の財布の紐のしまり具合が全然違います。

というわけで、固定費見直し、ボーナス貯金、ポイ活、そして中間報告がくらための貯金のポイントでした。

家計簿をつけること・チェックすることは時間も手間もかかります。しかも月末に合わなかったりマイナスだと凹みますよね・・・

自分たちなりの貯まるクセやコツを考えて仕組みを作ることで、そうした面倒から解放されました。

今が貯め時だと周りに言われて少々気合が入っている今日この頃。常にいい方法を考えながらどんどん「貯め家計」を目指すぞ〜!

最後までお読みいただきありがとうございます。

●ミニマルライフのヒントはこちら(日本ブログ村)
断捨離シンプル&ミニマムな暮らし
ライフスタイル、ライフ、暮らし、生活
断捨離でゆとり生活
節約ライフ
*イイもの見っけ♪プチプラでオシャレ*


●ランキング参加中!ポチッと応援いただけると励みになります
にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
おすすめ記事はこちら
スポンサーリンク







関連コンテンツ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加