1000万円貯めた人たちの共通点、いくつ当てはまるかチェックしてみた

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは、くらためです。

このブログを始めた頃から貯金も同時にスタートし

最近になって意識し始めた数字があります。

1,000万円だよっ キリッ(`・ω・´)

孤高の響き・・・安定感もすごいです。

そんな中、この金額を貯めた人たちの共通点があるなんて聞いたら気になるよね。




1,000万円貯めた人の共通点

というわけで気合を入れてチェック!

サンキュ曰くですよ、1,000万円貯めるのは不可能ではないのです。

途方もない額に聞こえるけれど、毎月3.5万円とボーナスで年42万円を貯めればと12年で達成できるから。

ボーナスで年42万 ((((;゚Д゚)))))

それ以上あって当たり前という前提か・・・そうさらりと書かれると切なくなりますが(泣)。

でも年収の額は関係ないと断言されているから信じようじゃありませんか。では気になる共通点と、今の自分に当てはまるかをチェックしていきます。

①本を読む手で書いている

読書欲が旺盛で、夢ノートや日記などを書くのが好きであること。読み書きすることで心を整えているのです。

これは半分だけ当てはまります。読書は好きだけど手では書いていない、でもブログは書いているよ!

心が整うなら一緒だよ・・・ね?

②野菜炒めを作っている

栄養が摂れて冷蔵庫整理もできる、やりくり上手な人の黄金メニューだそうです。

人並みには作っていると思います。でも結構カレーに逃げてしまいます。カレーライスならそれだけで二人とも嬉しいから(笑)。

③服は5年物が多い

流行にとらわれず自分に似合うものを丁寧に手入れして着ることで、無駄買いが減らせる。よって貯まるということですね。

これはできていません。手の届く価格で着倒すという制服化のスタイルにすっかり落ち着いてしまいました。

5年間愛用とするというのは目指したい方向ではあるけど、現実的にはなかなか・・・

④引き出しの中は一目で見渡せる

貯金がうまい人は引き出しの中に最小限しか入れず、必要以上に買い足すような無駄もありません。

これはかつての部屋の時は注意していたのに今は・・・荒らす輩がいるのです(怒)。

とりあえず職場の引き出しから見直してみよう!

⑤朝10分お茶を飲む

どんなに忙しくても自分の時間を作るのが貯まる人。心落ち着く時間を持つことで衝動買いを防げるそうです。

これは出来てるよっ(´∀`)

朝、ブログを書きながら白湯やコーヒーを飲むという時間は、生活の変化がある中でとても貴重でした。

たしかにその「ひと時」があることで場当たり的にお金を使うことがなかったのかもしれません。これが夜だとうっかりポチッとやってしまいますからね。

⑥文房具やマスキングテープが好き

ノートや手帳に書き込むのが好きだと、そうしたグッズにもこだわりを持つ方が多いようです。メインの衣食住費と比べて割と低コストに満足度も満たせそうなのも良いですね。

しかしこれもくらため当てはまらず(汗)。

自宅の文房具も最低限です。そういえば接着剤がないとか言って買い足しはしょっちゅうしているかも?

手帳管理や家計簿への憧れは未だありますが、そのことが1,000万円貯まる後押しをしてくれるなら本腰を入れてみようかなと心揺れます。

スポンサーリンク




貯められるヒントはいつもそこにある

以上の6つが1,000万円貯まる人の共通点でした。

当てはまっているのは半分か・・・

これがすべてではないでしょうけれど、どれも日々の中でできることだし、どれも自分見つめ直すヒントになりそうですね。

そして始めようという気持ちがあれば取り組めることばかり。

みなさんはいかがでしたか?

そして、ミニマリストにはこちらのお金が貯まる人が捨てた37のことが「貯まる」と「捨てる」が楽しめておすすめです!

最後までお読みいただきありがとうございます。

●ミニマルライフのヒントはこちら(日本ブログ村)
断捨離シンプル&ミニマムな暮らし
ライフスタイル、ライフ、暮らし、生活
断捨離でゆとり生活
節約ライフ
*イイもの見っけ♪プチプラでオシャレ*


●ランキング参加中!ポチッと応援いただけると励みになります
にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
おすすめ記事はこちら
スポンサーリンク







関連コンテンツ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加