過去のこと、本当に捨てていいのかな【断舎離の基本に立ち返る】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは、くらためです。

ガラケーとスマホを処分したらついでに要らなくなったモノがありました。当時つけていたストラップの数々です。

私のそれには思い出が詰まっています。彼のモノにも、きっと。

これどうする〜?(`・ω・´)

その答えが「好きにしていいよ」だったら、さてどうする?

スポンサーリンク




思い出のストラップ

学生時代とかジャラジャラつけていましたよね〜。

今はケースに入れるぐらいですっきり持つのが普通ですが、当時はガラケーそのものより大きなキャラものをぶら下げたこともありました(笑)。

ちなみに現在の人気ストラップランキングを見てみると・・・(楽天デイリーランキング調べ)

1位 まさに実用的!落としたくない人にHandLinker Putto カラビナリング 携帯ストラップ

2位 女子力高過ぎな タッセル付き手帳型スマホケース用ストラップ

3位 これはプレゼントにいつか絶対買う!特許ナンバープレートストラップ

実用性とプレゼント需要という結果ですね〜。

そんなストラップですが、つけるきっかけといえば思い出深いものが多い気がします。旅先で記念に買ったり誰かにもらったり、お揃いだったり・・・

自分がそうだったので、ちょっと気になったのです。

捨てていいよと言われても・・・

このハート、本当に捨てていいのかい?

スポンサーリンク




断捨離はの基本は「自分で」

やたらリアルなイカは多分あそこの水族館だなとか、お父さん犬はソフトバンクでいただいたのだろうな〜などと察しがつくのですが、この赤いハートだけは、ねえ(笑)。

物分かりのいい女を演じるつもりなど毛頭ありませんが、なんだか人の過去を捨てるようで気が引けます。

断捨離の基本は「自分のモノだけ」だから、自分でどうぞっ (´∀`)

・・・と託したのでした。この前は人の「2段にできるラック」あっさり捨てたクセにです。矛盾は自分でもわかっているのですが(笑)。

過去の色々が詰まっているであろう品。本人がなんと言っても、その断捨離はやっぱりその人が決めて行う方がいいと思うのです。

人とモノ(とまつわる思い出)の関係は時間の経過とともに変化していきます。その重要度は他人にはわかりません。

後悔しないためにもトラブルにならないためにも、手は貸すけれど口は出さない。自分で処分、これ基本。

断捨離中に言ってはいけない3つの言葉
こんにちは、くらためです。 バレンタインデーでありノー残業デーでもある今夜は、彼の部屋の断捨離をすることになっています。 引越し...

だったらそもそも「これどうする?」なんて聞くなよ、と今になって反省したのでした。

「え、それはキープで」とか言われたらマジ焦ったよね!!

最後までお読みいただきありがとうございます。

●ミニマルライフのヒントはこちら(日本ブログ村)
断捨離シンプル&ミニマムな暮らし
ライフスタイル、ライフ、暮らし、生活
断捨離でゆとり生活
節約ライフ
*イイもの見っけ♪プチプラでオシャレ*


●ランキング参加中!ポチッと応援いただけると励みになります
にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
おすすめ記事はこちら
スポンサーリンク







関連コンテンツ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加