ミニマリストだったことを忘れない

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは、くらためです。

多くのモノを前に立ちすくむ朝。一時的とはいえどうしようもなく乱雑になっている部屋で思うこと。

ミニマリストだったことを、この先忘れない。

スポンサーリンク




変わっても

人は変わります。

暮らしも環境も、考え方だってそうです。

それが流行に乗っかったものであれ、自分なりに考え抜いたものであれ、その時々に一番良いと思うものを選び取ろうとします。

ミニマリストであることは私が初めて自分で選んだ「生き方」です。

モノの買い方や持ち方、食事や人間関係、お金の使い方や貯め方。暮らしにまつわるいろんなことを「快適な必要な最低限」という軸で選んでいく。

自分で、選んでいく。

そうすることでちょっとずつ今の暮らしが好きになったし、正直でいられるようになったし、何より楽になりました。

初めて飲んだこれ、すっごくエグ苦くて思わずフリーズ(汗)。体に良くても好きじゃないと続かないと激しく実感・・・

これからいろいろな変化の中で、この軸は変わらざるを得なくなるかもしれません。

でも、今のこの年齢で、この環境で身についた価値観はきっと残ります。今後様々な選択をしていく中で「立ち返るところ」にはなるでしょう。

(逆に若気の至りだったと思うかもしれませんね)

こういう風に暮らしたい。こんな感じが好き。そう思える暮らし方に出会い、いろいろ考えられたことを嬉しく思います。

この先の生活の中で迷いやズレが生じた時、ミニマリストに憧れて暮らしを大きく変えることができたこの部屋を、この数年の変化をきっと思い出すことでしょう。

何が言いたいかって言うと・・・

引っ越しっておセンチな気持ちになるよね〜っ( ´∀`)

最後までお読みいただきありがとうございます。

おすすめ記事はこちら
スポンサーリンク







関連コンテンツ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加