着回しは幅が狭くてもいい。服の持ち方と今の当たり前。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは、くらためです。

違う印象に着こなす必要などなくて、着回しは幅が狭くてもいい。

金曜の今日はこの考え方をおさらいしましょう。

自分をよく見せてくれる服があれば1パターンでOK!そう思うと気が楽ですね。

スポンサーリンク




むしろそちらが主流

このことはミニマリスト界隈では散々既出と言いますか、服を買うなら、捨てなさいでも散々言われていたし、最近でいえばMy Basic Note2:”きちんと見える” 大人の服の選び方の方が参考にしてる方が多いですかね。

Oggi(オッジ)好きとしてはエディターの三尋木奈保さんのお話はオシャレとシンプルの両方を備えていてわかりやすいのです。

っていうかむしろ「たくさんの服を持って着まわそう」「色バリエを揃えることが大事」なんて言っているファッション誌の方がいまどき珍しいかも。

かつてのノームコアのような服のテイストとしての「シンプル&ミニマル」ではなく、服の持ち方としてシンプルで少ない数でファッションを楽しむということが普通になっていたのかなと思います。

特に今の20代30代はそんな感じかも。景気が大幅に好転でもしない限り、こうしたスタンスは変わらないのではないかと思います。給料上がらないし年金不安だしそんな服ばかり買ってられませんって!!

しかもそうした「シンプル&ミニマル」な揃え方や着こなしのノウハウを、プロが丁寧に提案してくださる。

ミニマリストになりたいけどオシャレも好きなんだよなあ・・・というタイプにはありがたい話です。

スポンサーリンク




ミニマリストの服に大事なこと

どのスタイリストさんもエディターさんも口を揃えて言います。

「自分に似合うMY定番を持とう」

ピンとこない流行の服を着てイマイチな気分で過ごすより、心地いい服でローテーションを組むことを推奨されています。そうすることで自分らしさを保てる、とも。

何もお堅く制服化する必要はありません(私は好きだけど)。

流行の服が好きだし、着ているとアガるんですけどぉ・・・という方はそれでOKだし、そもそも何が似合うかがわからないという方もいらっしゃるでしょう。

そこはとにかく試着、プロに教えを請うなどの方法で対処するといいですね。今は便利なエアークローゼットもあるので、似合うものをや好きなものを探しやすくなっています。

また気になっているのが骨格診断。多くのミニマリストやシンプルライフ界隈の方が受けていらして、似合うものを探す上で指針になるようです。

でもこの田舎じゃどこで誰に見てもらえばいいのか・・・(笑)。なんか値段の相場もわからないし。

そう思っていたらデジタル骨格診断をココナラで発見!ココナラは「みんなの得意を売り買いする」サイトで、去年ブログが消えた時にも見積もりをお願いしたのですが、プロのサービスを普通より安く気軽に頼めるのでよくチェックしています。

無料会員登録はこちらから

私の場合は、トレンドものはリピーター中のtitivateで毎シーズン2−3着入れ替えている感じでしょうか。あとはユニクロかジーユーあたりでシンプルなものを買い足しています。

これも紆余曲折、失敗をしまくった上でのこと(汗)。「今の暮らし(仕事・経済力・好み)」と自分の体型に似合うと判断した買い方です。今後変わる可能性ももちろんあります。

厳選の服で、幅は狭くても自分が好きな着こなしで過ごす。このスタイルは大切にしていきたいなと季節の変わり目に思い返すのでした。

最後までお読みいただきありがとうございます。

●ミニマルライフのヒントはこちら(日本ブログ村)●
断捨離シンプル&ミニマムな暮らし
ライフスタイル、ライフ、暮らし、生活
断捨離でゆとり生活
節約ライフ
*イイもの見っけ♪プチプラでオシャレ*


●ランキング参加中!ポチッと応援いただけると励みになります●
にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
おすすめ記事はこちら
スポンサーリンク







関連コンテンツ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加