「ひとりよがりな失敗収納が増えている」人気ブロガー阪口さんに賛同の声が続出。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは、くらためです。

Yahoo!ニュースに上がっていたこの記事が、なかなか本当にその通りだなと思った朝。

書いていらっしゃるのはあの阪口尊師ですよ!

スポンサーリンク




自己満に家族ポカーン

ESSE(エッセ) という雑誌のオンライン記事なんですね。普段手に取る機会が少ない、既婚子持ち女性向けの生活情報誌のようです。最新号のお金が貯まる財布術とか面白そうです。

ファッション誌についてはターゲット年齢差前後20歳ぐらいは気にせず読んでしまうのですけどね~。暮らしを見直す気があるんだかないんだか(汗)。

それはさておき、この話がとても興味深かったのです。

是非記事をお読みください。でも今とりあえず時間がないという方のためにざっくりまとめました。

問いはズバリ、自己満の収納にご家族は迷惑していないか?

回答は、家族、ポカーン、もしくはウザー( ゚Д゚)ってストレスためているかもね。

解決方法は、中身が見えて浅くて奥行きがない収納が良いよ!

それにしても、相変わらず尊師のありがたいお話は分かりやすいですね。そして鋭い!どんなに本誌の他企画で便利収納を勧めていても、思ったことは的確な文章で伝えるその姿勢たるや・・・

ちなみにここでいう自己満収納とは

・なんでも白い容器に移し替ええてスッキリさせる
・なんでもフォルダや箱に入れてテプラで中身をラベリングする
・お洒落な籠に入れる
・布をかけて目隠しをする ・・・等

なるほどお馴染みの収納方法です。

ミニマリストを目指し収納するモノ事態を減らした私ですら、冷蔵庫の中真っ白ガラーンには憧れますし(牛乳パックすら詰め替えるとか)、リビングの片隅のクローゼットに無印のファイルボックスズラリとかよだれものです。

揃ったラベリングも英語表記で、KOMEとかMISOとかなんだかとっても・・・

お洒落だねっ( ´∀`)

懐かしいところで言うと、レースを敷いた上に籠を置き、雑多な中身のうえに布をかけるというテクニックは実家で長年愛されてきた。

そう、多くの女性たちは部屋をよりお洒落に使いやすく快適に、見た目も好みになる様にとためにとあらゆる工夫を凝らしてきたのです。

スポンサーリンク




ミニマリストもガラーンも

するとどうでしょう。たしかに統一感があって見栄えはいい(布オンかごオンレースは除く)。

でもそれって家族が生活しやすいという大切な視点がぬけていないか?そんな阪口さんの指摘には、賛同のヤフコメが目立ちます。

揃えるのにいくらかかるのと思い諦めた。

食品の詰め替えは衛生面から考えて嫌だ。

綺麗な収納のおうちって家族全員細かいのかな。

なんでもかんでも生活感なくしてそれって逆に生活しずらいよね・・・

ドキ―ッ (((;゚Д゚))))

実際にそういう収納をしているわけではないし(ていうか全然できていない)、していたとしても他人に迷惑かけてないからいいじゃないと思います。家族は迷惑かもだけどそこは話し合いで何とかね)。

一方で、密かにちょっと憧れているお洒落収納スタイルに対しこうした声が上がると、なんだか痛いところをつかれましたなあ (∀`*ゞ)エヘヘ という気持ちに。

ミニマリストも同じ感じで、一人でやるぶんにはいいけれど他を巻き込むと賛否両論あれまくるわけで・・・

どれだけ周りに流されやすいんだ自分!とも思うけど、どの指摘もあまりに的確なのです(汗)。普段見ないヤフコメとか3ページ目位まで読んだもんね~。

これまでの自分のモノ選び、部屋作りには自分の視点しかありませんでした。

環境が変わりつつある今、この記事や多くの方の意見に触れることが出来たのはとても良いタイミングだったし、あらためて「暮らしやすい部屋」について考えるきっかけになりました。

そういえば今の部署にはテプラおばさん(多分ステラおばさんとかけていると思われ)と自称するファイリングの達人がいてすごく助かっているけど、スキル自体はやっぱり素晴らしいものだよなあ・・・

最後までお読みいただきありがとうございます。

おすすめ記事はこちら
スポンサーリンク







関連コンテンツ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加