作ってあげたい○○ごはん 2018

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは、くらためです。

思いっきり、作ってあげたい彼ごはん世代です。

本当、今見ても絶妙なタイトルですよね〜。甘酸っぱいです。

スポンサーリンク




彼ごはん萌え

ちょうど大学生になるかどうかの頃でしたでしょうか。

色々なご飯系ブログが流行っていたと思うのですが、どれもややお母さん臭が強いというか、料理偏差値が低すぎた世代にはどうも遠い存在でした。

なんかちょっと違うんだよな〜とみんなが思っていたところにぶっ込まれたのが、作ってあげたい彼ごはんです。

若き著者が作る、肉じゃが、角煮、グラタン、ハンバーグ・・・

(彼が好きだからという設定で)カフェ感満載な盛り付けの当時ではおしゃれ風ごはん。

(彼の部屋で作るという想定で)一口コンロで作れるごはん。

流行らないはずがないよねっ ( ´∀`)

タイトルに萌える人、続出。若き料理研究家が世に与えたインパクトは大きかったのです。

スポンサーリンク




作ってあげたいという気持ち

そして2018年になった今、私も彼ごはん的なものを作るようになりました。

リクエストに答えて玉ねぎがたっぷりの生姜焼きに

作ってくれたサラダを添える。

美味しいね〜とかなんとか言いながら、一杯呑むのは至福です。

そして思う。

あの頃、あの本に出会えてよかった。

当時はネットで本を買う習慣がなかったし、著書より年長であろう大人たちからのアマゾンのレビューがボロクソだったということは知る由もありませんでしたが・・・

でも、レシピ云々というよりも「作ってあげたい」というわくわくした気持ちを持たせてくれたこと、料理を始めるきっかけになったことが、この本の意義だったのではと思うのです。

一人暮らしを始めたばかりの友人たちの家には大抵置いてあって、作ってあげたいね〜とか言いながらめくっていたのもまたいい思い出です(笑)。

◎関連テーマ◎
にほんブログ村テーマ おうちごはんとおうちCAFE。
にほんブログ村テーマ おうちごはんを楽しむ暮らし

そしてアラサーになった今、自分のためにも体が喜ぶようなごはんを作りたいと思っています。作ってあげたい自分ごはんです。

上手いわけでも盛り付けセンスがあるわけでもないけれど、とりあえず料理自体は好きになれました。とはいえ疲れたし面倒だし誰のためにも作りたくな〜いと思う夜はこの先たくさんあるでしょう。

そんな時、あの本を読んだ頃のわくわく感を、微かにでも思い出したいなあ・・・

そう思ったのは、偶然SNSで著者である岡田史織さんををお見かけしたからでしょうか。当時は確かSHIORIさんでした。

現在も料理研究家としてご活躍のようで、そんなところもまた素敵です!

可愛い最新刊も見つけたよっ( ´∀`)

最後までお読みいただきありがとうございます。

●ミニマルライフのヒントはこちら(日本ブログ村)
断捨離シンプル&ミニマムな暮らし
ライフスタイル、ライフ、暮らし、生活
断捨離でゆとり生活
節約ライフ
*イイもの見っけ♪プチプラでオシャレ*


●ランキング参加中!ポチッと応援いただけると励みになります
にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
おすすめ記事はこちら
スポンサーリンク







関連コンテンツ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加