【制服化】ユニクロ・GUでお隣とかぶりたくない時の、アイテム選びについて書くよっ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは、くらためです。

この秋冬はちょっとはじけたいなと思っていることは先日書きました。

そんな時のアイテム選びで頼りになるのは、リアル店舗が極端に少なく、細部にこだわりのあるブランドです。

スポンサーリンク




田舎、かぶる。

服がけっこうかぶるんですよ田舎は。

みんな買いに行くところはイ○ンとあそこのショッピングモール。かなり足を伸ばしてあそこのアウトレットモールに行ったって、知り合いに会う。

つまりどうあがいても、みんなだいたい行くとこ一緒。

そして現在。

かぶり度満点なのが老若男女を虜にするオサレメーカー日本代表・ファストリです。

社食で隣のテーブルの人とユニクロブラウスがお揃いとか別に珍しくありません。

特にこちら、近年稀に見るかぶりっぷりで社内でも話題になりました。1日1ギャザーブラウスといっても過言では全くない。

スクリーンショット 2017-08-25 7.38.16

昨今のジーユー オンラインショップのデザイン性にも惚れ惚れしていますが、かぶりの可能性大なブランドです。

そんなの関係ねえ!白シャツかぶりマンセー!

と割り切るのがミニマリストの主流だとわかっちゃいるのですが、どうも気になるのが正直なところ。

リアル店舗少なめ

実店舗が少ないブランドのアイテムは、当然のことながらかぶりにくいです。

着まわす大人女性におすすめ!titivate【ティティベイト】に傾倒していったのも、そういった魅力があったからだと、思う。

雑誌掲載もそれほど多くないですしね。

余談ですが、出張の際にリアル店舗に少しだけ立ち寄ることができました!

思ったよりも小さなスペースではありましたが、ネットで気になっていたアイテムを手にとってみることもでき、いやー、興奮しましたね。

店員さんも優しくて親切でした。

ニットはまだあまり出ていないんですねとお話ししていると「この定番人気のボトルネックニットプルオーバーがオンラインで予約セールになっている」と教えてくださいました。



これ!!

前に気になって記事に書いたニットですよ。

胸元部分の変化のある網柄が可愛いのですよ。

・・・ってそうそう、こういう細部もかぶらないポイントです。

スポンサーリンク




細部にこだわりあり

実店舗に行って思ったこと。

やっぱり可愛い  )^O^(

裾や袖、ウエスト周りのちょっとしたデザインや、色などの細部にこだわりがあるとそれ以外の手持ち服がシンプルでも映えるんですよね。

たとえシンプルなユニクロのパンツがお隣さんとかぶっても(よくある、本当によくある)、トップスにわずかな特徴があると雰囲気が変わります。

こうした細部のこだわりは小ロット製造、一部受注発注(予約商品)と思しきネットショップがメインのブランドならでは。

そうじゃないと在庫を抱えますし、コスト的に合わないでしょうからね。

だからこそ上記のニットのように先行予約セールができるという点では、消費者にとってもありがたい。

実店舗にはあいにく新作で気になっていたものがまだ置いていなかったのですが、手持ち服と照らし合わせてしっかりチェックしています。

まず、このサイドスリットのケーブルニット


中に白シャツ着ているみたいに、スリット部分が異素材になっているのです。


スポンサーリンク




そして、このイレギュラーヘムタートルニット

こちらはもっぱら仕事用にちょうど良さそうだなと思いました。この価格なのに、よく見ると小技が効いているところがいいのです。




私は今年、タートルネックのニットが欲しいようだ(笑)。

今の私の環境にはtitivateがハマったというだけで、全っ然どこのブランドでもいいのです。

リアル店舗が極端に少なくて細部にこだわりがあれば、かぶりにくく、シンプルな服と合わせて着回せて、その時々で気分良く着られる。

誘惑の多い中で色々と手間も省けますし、納得の制服化がしやすくなるというわけです。

しっくりくるテイストのブランドを探しみるのもいいですね。

最後までお読みいただきありがとうございます。

読んだよーの合図にでもクリックしてくださると嬉しいです。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへブログランキング・にほんブログ村へ

シンプルライフ&ミニマリストの参考になるブログがたくさん!!
断捨離シンプル&ミニマムな暮らし
ライフスタイル、ライフ、暮らし、生活
断捨離でゆとり生活
素敵な大人のシンプルライフ
節約ライフ
*イイもの見っけ♪プチプラでオシャレ*
おすすめ記事はこちら



スポンサーリンク







関連コンテンツ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加