一生続く、断捨離。これからの向き合い方。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは、くらためいです。

断捨離の第一人者で、断捨離の考え方や名前を世に広めたやましたひでこさん。

ベストセラーとなった『新・片づけ術 断捨離』が出たのは2009年かあ。

以来いろんな方の関連本が出続け、セミナーが開かれ、メディアにも取り上げられています。断捨離をテーマにしたブログも多い。

もうこれは一過性のものではない、終わることのないライフワークですね。

スポンサーリンク




ライフワークになったよね

home-office-569153__340

断捨離が、多くの人の関心を引き続けているという事実。

スッキリしたい時「断捨離しよ!」と言うのがデフォになっている事実。

それだけ素晴らしい発想だからでしょう。

「とりあえず美しくしまい込みましょう」とプラスチックケースを駆使した収納名人の教えに、ときめいた時期もありました。

高校の頃とか母と100均行って色々買いましたもん。

どんな隙間も決して逃さなかったかつての魔術師のみなさんは、今頃どうされているんでしょう・・・

時は流れ、物を減らして思考共々スッキリしようという考え方に触れたその時から、流れが変わりました。

いやね、考え方は変化し続けるし、弱い生き物なんで誘惑に振り回されはしますよ。

それこそ、ライフステージが変われば断捨離フォー!とか言ってられないこともあるんだろうけど。

それでも、ある種の身軽さを、快適さを味わった今。

以前のような、たくさんの細々とした可愛いものの囲まれてウキウキしていた頃にはもう戻らないという確信があります。

溜まったら見直す。
むやみに溜まらない意識を持つ。
ついでに、ブログに記録して振り返る。

もはやこれはブームというよりひとりプロジェクト、ライフワークです。

スポンサーリンク




一生続くよ

一方で、この断捨離という発想が飽きられない理由のひとつの理由があると思います。

それだけ「いつまでたっても終わんねー(泣)」という人が多い、ということです。

だからこそ、やましたセンセ神!こんまりセンセーも神!ってなります。

すがる対象。立ち返る基本の教え。

先人のストイックさと真面目さに尊敬を念を抱きつつ、一向に目の出ない修行僧くらためは時に迷い(このTシャツ3色買いすべきか?とか)、時に過ちを犯します(付録目当てで雑誌買うとか)。

しかし、そんな迂用曲折を経ながらもその道を信じ続けているのです。

終わらない。それだけ奥が深いというか、もはやゴールがない。

だからこそガチガチに向き合って疲弊するんじゃなくて、一生涯修行のつもりでゆるく向き合っていけばいいのですね。

一時的に合コンに行きまくる僧侶がいるように(実際に知り合いでいる)、時には羽目を外しつつも、決して本筋は外さない。

そんな断捨離修行の道をゆっくり歩んでいこうと思う週末でした。

そのための箱選びも、中身選びも楽しみながらね。

読み返しって大事だねっ。

最後までお読みいただきありがとうございます。

読んだよーの合図にでもクリックしてくださると嬉しいです。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへブログランキング・にほんブログ村へ

シンプルライフ&ミニマリストの参考になるブログがたくさん!!
断捨離シンプル&ミニマムな暮らし
ライフスタイル、ライフ、暮らし、生活
断捨離でゆとり生活
素敵な大人のシンプルライフ
節約ライフ
*イイもの見っけ♪プチプラでオシャレ*
おすすめ記事はこちら



スポンサーリンク







関連コンテンツ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加