これぞシンプル!エルベ シャプリエのグリーンレーベル別注ポシェットに想う。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

春の終わりに見つけていいなと思ったら、翌週には店頭から姿を消していたバッグがありました。

思えば最初に出会ったのは卒業旅行で行った某国の空港免税店。

一緒に行った友人が家族に頼まれたからと何点も買う様子に、これがいいのか?と思ったのはシンプルの良さを知る前でした。

それが今回ご紹介するエルベシャプリエです。
その魅力と、ぜひ手に入れたいモデルとは?

エルベシャプリエとは

1976年にブランドをスタートしたフランスのバッグブランド、エルベ シャプリエ(Herve Chapelier)。

軽くて丈夫なナイロン素材を取り入れたバッグ、70-80年代には若いフランス女性の間で大人気に。

90年以降、本国ではその人気はかげりを見せますが、ベーシック大好きな日本をはじめ主にアジア人に人気のブランドとして成長します。

豊富なカラーリングと実用性、上品なデザインで、ひとつ持っていると便利なブランドの代表です。

image

green-label-relaxing.jp

そんなエルベ シャプリエに、日本のユナイテッドアローズ・グリーンレーベル リラクシングが別注したミニポシェット(本体価格14,800円)が登場しています。

通常の取り扱いがあるポシェットは小さく、財布とスマホを押し込めるのがやっとなんです。

この別注品はひと回り大きくてマチもしっかり。鍵やハンドタオルなども無理なく入ります。

見た目はとことんシンプルで無駄がない。
ファスナー付きで、とっても軽くて実用性はばつぐん。

しかも今回はこんなレオパード柄も。

色が落ち着いているからか妙な派手さもなくかわいいじゃありませんか。これなら大阪のオカンにならずに持つことができそうです。

さすがアローズですよね。日本女性のほしいツボを本当によく捉えて商品化してくれます。

本当に好きなものはタイミングを逃さない

前回春の終わりに登場した際は、こちらのポシェットの黒を見つけて迷いました。

でもちょうどクローゼットの断捨離をしたばかりで、モノを増やすことに抵抗があったのです。

一度モノを減らすと買い物に慎重になるんですよね。
LLビーンのトートバッグがあるからいいか、と兎にも角にも『いらないムード』。

そうこうしているうちに完売しました。

その後、バーベキューやらちょっとした観光などで両手が空く小さなポシェットがあればいいなとシーンが多々あり、買っておけばよかったとプチ後悔したのです。

そして、インスタグラムの発見で目に飛び込んできたポシェットを見て再販していることに気がついたのが先週末。

image

みなさまシンプルなコーディネートに合わせていらっしゃいますね。うん、これだ。

急いで最寄りの店舗に電話しました。

そうしたらなんともう全カラー完売だというのです(泣)。

レオパードにいたっては全国的に品切れで、取り寄せも不可。
他の色もほとんど取り置きになっていて、寄せるのが難しいと言われて。

念のためちょっと離れた店舗にも確認しましたが(しつこい)、やはりこちらも完売。

ブランドサイトで紹介されたのが8月17日ですからまだ1週間も経っていません。まさに驚きの速さです。

もしや、と思ってフリマアプリ・メルカリを見てみると、25,000円という盛りプライスで堂々販売されています(泣)。

転売目的で買う人も多いのでしょう。そして店舗で買えなくて、でもどうしても欲しい方は定価より1万円高くても買うという構図。

そこまでして手に入れたいかというとノーですが、それでも買いたいという方の気持ちがわかります。

シンプルなモノは以外と少ない

思えば、こうしたシンプルなポシェットは意外に少ないのです。

まず、素材が革や合成皮革だったりすることが多い。
ナイロンだと妙にメンズっぽく、スポーティーだったりしてなぜかやたらとポケット完備。

目立つようにブランドロゴが入っていたりも当たり前(こちらもサイドにブランドタグがありますが)。

そんな中で削ぎ落とされたシンプルなバッグを作り続けるエルベ シャプリエの、しかもサイズ感のちょうどよい別注ポシェットとなれば、欲しい方が多いのも納得です。

そして、数も少なく、次回の販売も未定というわけですから余計に魅力的に映ります。

必要なアンテナだけは立てておく

image

私はこの半年で買い物系のメルマガやショップブログをすべて登録削除しました。

だから今回の情報を早い段階で手に入れることができず、結果としてポシェットを手にすることもありませんでした。

SNSをすると物欲が増し、金遣いも荒くなる。

そうした声が聞かれますし、それもまた正しい見解です。事実、インスタで見かけなければそもそも気がつきもしなかったわけですから。

一方で、下の記事にも書いたように『数は少なくてもいいから本当に欲しいモノに囲まれて暮らしたい』と思う時、そもそも自分が納得するモノを手に入れるという過程があります。

30代、女性、ファッション。どうなりたいか考えてみた。
理想と現実の、はざま。 答えはちょっとずつ 30代。思い描いていたそれは、芯がありました。 テレビドラマでは格好良...

軽くと丈夫という点で質の良さそうということで、これだというモノを見つけた。それなのに元々の決断力のなさ(というか判断ミス)と、情報収集を怠ったことで手にすることができなかった。

情報を不要だと切り捨てるのも、モノひとつ買うのにあれこれ考えすぎるのも、時として悪い方に作用するんだなと思わぬ発見をしたわけです。

良いと思ったら、相手に動きがなくても日頃からアンテナを立てておけ。
いざとなったら決してタイミングを逃すな。

辛かった営業時代、上司から散々言われた言葉が何度もリフレインするのでした。

程度問題ですし、こうしてトライアンドエラーを繰り返しながらモノを集めていくもまた面白いですね。

最後までお読みいただきありがとうございました。

読んだよーの合図にでもクリックしてくださると嬉しいです。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへブログランキング・にほんブログ村へ

こんなトラコミュに参加中!参考になるブログがたくさんあります。
断捨離シンプル&ミニマムな暮らし
ライフスタイル、ライフ、暮らし、生活
シンプルライフ
断捨離でゆとり生活
素敵な大人のシンプルライフ
節約ライフ
*イイもの見っけ♪プチプラでオシャレ*
スポンサーリンク







  • このエントリーをはてなブックマークに追加